MEHIKARI BOYZ、「未来へ」を配信開始

2019.3.27

MEHIKARI BOYZが「未来へ」を配信開始

MEHIKARI BOYZの「未来へ」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「未来へ」となっている。

福島県いわき市にある白水小学校が2019年3月31日をもって閉校になります。 在校生三名のうち二名が卒業し、一名は転校になるそうです。 その話を聞いてメヒカリボーイズとして何かできることはないかと想い白水小学校の120年の歴史に心からのありがとうを込めて楽曲を書き下ろしました。 悲しむのではなく前向きに進んで欲しい。 子供たちへの明るい未来へ、メヒカリボーイズから贈り物です。

なお「未来へ」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Amazon Music、Apple Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

未来へ
  • 1: 未来へ

    MEHIKARI BOYZ

配信開始日:2019-03-27

MBZ

ジャンル: J-Pop / ヒップホップ/ラップ / ポップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, replay, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

MEHIKARI BOYZ

MEHIKARI BOYZ

<MEHIKARI BOYZプロフィール> 2014年夏に、小名浜で開催された無料野外フェス“KAIONSAI”にて、 一日限りの特別ユニットとして結成。1stシングル“SEA BREEZE”をリリースしたところ、 各方面から継続して欲しいとの声が多く寄せられ、以後活動を継続することを決定。 同年11月、地元いわきの良さ・魅力をリリックに込め、かつ他地方のリスナーにも届く楽曲として“LIFETIME TREASURE”をリ リース。 生まれ故郷や仲間・家族に対する等身大のリリックで、これからもいわきで暮らしていく決意を歌ったこの歌は非常に反響も大 きく、SEA WEVEなどの地元ラジオにも取り上げられる。 翌年2015年にはいわきサンシャインマラソンへのLIVE出演を機に、 より幅広い年代の方にも届くように活動の幅を広げる。 同年、西野カナのヒット曲”トリセツ”の、オフィシャルリミックス(福島県バージョン)の製作を行い、動画の再生回数は10万回を 突破。「福島あるあるネタ」が多くのリスナーに支持される。 2016年、よりクオリティを高めるためメンバーの入替えを行い、現在4人のメンバーでLIVEを中心に活動。 2017年8月にファン待望のミニアルバム”メヒタリアン“をリリース。

MEHIKARI BOYZの他リリースはこちら(アーティストページ)