小関ミオが「Du bout des lévres ~口先だけで~」を配信開始

2019.3.30

小関ミオが「Du bout des lévres ~口先だけで~」を配信開始

小関ミオの「Du bout des lévres ~口先だけで~」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「枯葉」「セ・シ・ボン」「男と女」「口先だけで」「9月4日駅」「ラ・セーヌ」「愛の讃歌」「我が麗しき恋物語」となっている。

日本人にしか歌えないシャンソがある・・・シャンソンだから響くストーリがある。繊細で情熱的なヒーリングボイスを持つトリンガルシンガー小関ミオによるフレンチカバーアルバム名曲揃いのシャンソン8 曲を収録。表題曲「口先だけで(DU BOUT DES LEVRES)」は小関ミオが訳詞を手がけ、成熟した現代のシャンソンを表現し、フランス語と日本語の心地よい響きと共にドラマチックな世界をお届けいたします。 小関ミオ 繊細で情熱的なヒーリングボイス、フレンチスピリット満載のキュートなボーカル小関ミオ。幼少の頃からフランス語を学び、フランス語詞で作った最初のデモをきっかけに作詞作曲家としてキャリアをスタート。ENVIE名義で多くの詞曲提供を手がける。2013年本格的にフランス語を音楽に取り入れるため単身渡仏。帰国後はアンニュイで透き通るボーカルが話題になり、CMソングでも活躍。2016年末神戸に拠点を移し、2017年には兵庫県内118会場ツアーを敢行。2018年日本全国にある全791市を巡る20年構想のライブツアープロジェクト【JAPAN LOVE LIVE TOUR】をスタート。パリの街角を思わせる独自のスタイルで、自らの足で音楽を届け続けている。日仏繋ぐ文化交流誌「ENVIEジャーナル」の編集長、日仏イベントの司会や、夏木マリ主宰のカンパニー「マリナツキテロワール」パフォーマーの一員として2017年には東京・京都・パリルーブル美術館の公演に出演するなど、様々な表現活動を行っている。

なお「Du bout des lévres ~口先だけで~」は、iTunesなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

Du bout des lévres ~口先だけで~
  • 1:枯葉

    小関ミオ

  • 2:セ・シ・ボン

    小関ミオ

  • 3:男と女

    小関ミオ

  • 4:口先だけで

    小関ミオ

  • 5:9月4日駅

    小関ミオ

  • 6:ラ・セーヌ

    小関ミオ

  • 7:愛の讃歌

    小関ミオ

  • 8:我が麗しき恋物語

    小関ミオ

配信開始日:2019-03-30

fish for music

ジャンル: ジャズ

配信ストア: iTunes

小関ミオ

小関ミオ

繊細で情熱的なヒーリングボイス、フレンチスピリット満載のキュートなボーカル、小関ミオこと、Mio Envie(ミオアンビー)。 幼少の頃からフランス語を学び、フランス語詞で作った最初のデモをきっかけに作詞作曲家としてキャリアをスタート。ENVIE名義で多くの詞曲提供を手がけ、2013年 本格的にフランス語を音楽に取り入れるため単身渡仏。帰国後はアンニュイで透き通るボーカルが話題になり、 CMソングでも活躍。2016年末 神戸に拠点を移し、2017年には兵庫県内118会場ツアーを敢行。2018年 日本全国にある全791市を巡る20年構想のライブツアープロジェクト【JAPAN LOVE❤LIVE TOUR】をスタート。パリの街角を思わせる独自のスタイルで、自らの足で音楽を届け続けている。日仏繋ぐ文化交流誌「ENVIEジャーナル」の編集長、日仏イベントの司会や夏木マリ主宰のカンパニー「マリナツキテロワール」パフォーマーなど、様々な表現活動を行っている。

小関ミオの他リリースはこちら(アーティストページ)