Wet Roses, モーリン公美子 & 福岡圭一が「夕焼け色のエアポート (feat. Mauro Arrighi)」を配信開始

2019.4.8

Wet Roses, モーリン公美子 & 福岡圭一が「夕焼け色のエアポート (feat. Mauro Arrighi)」を配信開始

Wet Roses, モーリン公美子 & 福岡圭一の「夕焼け色のエアポート (feat. Mauro Arrighi)」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「夕焼け色のエアポート (feat. Mauro Arrighi)」となっている。

「夕焼け色のエアポート - Twilight Airport -」   作詞:福岡圭一 作曲:モーリン公美子 編曲:Mauro Arrighi & Kumiko Mouri   Copyright © 2019 Kei Station All Rights Reserved. more info: http://www.keistation.net/

なお「夕焼け色のエアポート (feat. Mauro Arrighi)」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Amazon Music、Apple Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

夕焼け色のエアポート (feat. Mauro Arrighi)
  • 1:夕焼け色のエアポート (feat. Mauro Arrighi)

    Wet Roses, モーリン公美子 & 福岡圭一

配信開始日:2019-04-08

Kimono beaT

ジャンル: J-Pop / ポップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク 通常版, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora 通常版, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, replay, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク Best, レコチョク 通常版, 着信★うた♪by KONAMI

Wet Roses, モーリン公美子 & 福岡圭一

Wet Roses, モーリン公美子 & 福岡圭一

Wet Rose は、音楽・写真・映像を世界に発信するスタジオ制作プロジェクト。主に福岡圭一が 詞・曲を書いた作品を形にするため、2017年に組まれました。 現代を生きる女性の内なる動揺やその感情が、歌詞のテーマとなっています。その物語には「それぞれの成就を探求しているすべての女性を力づける」という狙いがあります。エレクトロポップの歌は社会的な懸念の外側で、今まで隠してきた悲しみや喜びといった本当の気持ちを解放させ、表現させ、具象化させるツールとなるのです。 福岡圭一は、1993年より都内および近郊のライブハウスにてオリジナル曲を中心としたギター・ピアノでの弾き語りライブを始め、現在は各種イベントの企画・制作を中心に活動しています。ESPによって作られたオリジナルギター、「ESPクロスエンジェル」、「ESPレクイエム」は、国内外の楽器フェアなどへも出展され、海外メディアからの注目もあびています。 ボーカルを担当するのは、1989年にメジャー・デビューをしているシンガーソング・ライターのモーリン公美子。 これまでに歌・作詞・作曲・編曲にてレコーディングに参加した作品は計16枚のCDとして、ポリドール・レコード、ヴァップ・レコード、MCAビクター、ユニバーサル・ビクター、ソニーレコード、テイチク・レコードといった6つのメジャー・レコード会社と、ヴィヴィッド・サウンドほか3つのインディー・レコード会社から販売されてきました。 編曲、画像や映像の制作を担当するのは、マウロ・アリッギ。現在、日本を拠点にするイタリア人の音楽プロデューサーであり、グラフィック・デザイナー、映像作家でもあります。マウロ・アリッギは学術的な分野においても活動的で、イタリア・日本・イギリス・アメリカにある様々な大学で、メディアアートに関する講演を行っています。彼は現代日本の芸術家たちに、そして日本における原始的な精霊信仰と現代の芸術家との間にある関係性に、焦点を当てています。 2011年には、神道が現代メディア・アートに与えている影響について「Japanese Spell in Electronic Art」という英語の書籍を発売。マウロ・アリッギの音楽作品は iTunes で販売されています。

Wet Roses, モーリン公美子 & 福岡圭一の他リリースは
こちら(アーティストページ)