押越雪彦が「星空の散歩道」を配信開始

2019.4.12

押越雪彦が「星空の散歩道」を配信開始

押越雪彦の「星空の散歩道」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「星空の散歩道」となっている。

島根県の山麓、三瓶山では星空がとても近くに、綺麗に見えます。その星空をイメージして作られた楽曲「星空の散歩道」。天体観測や夜のドライブにぴったりな楽曲です。

なお「星空の散歩道」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Amazon Music、Apple Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

星空の散歩道
  • 1:星空の散歩道

    押越雪彦

配信開始日:2019-04-12

Three Bottle Records

ジャンル: インストゥメンタル / ジャズ / ニューエイジ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク 通常版, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora 通常版, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, replay, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク Best, レコチョク 通常版, 着信★うた♪by KONAMI

押越雪彦

押越雪彦

1977年島根県生まれ。 高校時代に初めてエレキベースに触れる。 フュージョンやジャズに傾倒し、東京農業大学短期大学部入学と同時に大学のビッグバンドに加入。アコースティックベースも弾くようになる。 独学に限界を感じJunBassSchoolの鈴木淳氏に、エレキベース、コントラバスを師事。 東農大卒業後、洗足学園音楽大学ジャズコースに入学し、納浩一氏、岡田治朗氏に師事。 洗足学園音楽大学在学中より、同大学講師、布川俊樹氏の教則本のレコーディングや、様々なジャンルのバンド活動、サポートを始める。 大学4年生の時、当時1年生だったドラマーの小笠原拓海氏の誘いにより、“川嶋あい”のレギュラーバンドに参加。約4年間在籍し、全国ツアー、CDレコーディング、TV、ラジオ出演などを経験。 その他にも、アーティストサポートやレコーディングに多数参加し、参加作品は今でもiTunesチャート上位に上る事もある。 しかし、音楽家に多い指の運動障害、“フォーカルジストニア”により、第一線を退く決意をし32歳で帰郷。 帰郷後も、音源制作の他、地元の小学校への楽曲提供、山陰のインディーズ歌手のレコーディングやゲーム音楽のレコーディングなどの他、後進の育成など勢力的に活動を続けている。 2015年、島根県発のレーベル“ThreeBottleRecords”を設立。 同年11月、自己のCD「Winter dolphin/Home」を発表。

押越雪彦の他リリースはこちら(アーティストページ)