LEAVES NO ASHが「Go」を配信開始

2019.4.21

LEAVES NO ASHが「Go」を配信開始

LEAVES NO ASHの「Go」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Go」となっている。

なお「Go」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Apple Music、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

Go
  • 1: Go

    LEAVES NO ASH

配信開始日:2019-04-21

RAINBOW 7 RECORDS

ジャンル: ロック

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク 通常版, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora 通常版, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, replay, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク Best, レコチョク 通常版, 着信★うた♪by KONAMI

LEAVES NO ASH

LEAVES NO ASH

2013年8月、前身バンドを経て栃木県宇都宮にて結成。同年10月に、自分たちを広く知ってもらうために2曲入りの無料デモ”DEMONSTRATION"を作成。 自分たちから環境を変えようと地元宇都宮から全国にLEAVES NO ASHは結成1年足らずながら知名度は飛躍的に知れ渡る。 2014年9月、これまでライブで演奏していた曲をメインにレコーディング、DEMO E.P."Recently That E.P."を完成させ、同年10月の自主企画"Say It Like You Mean It. Vol.11"(w/Say Hello to Sunshine, We Are The Champion$, Castaway, INK, said)より発売。 The Starting LineやNew Found GloryのようなPOP PUNKに影響を受け、キャッチーなグッドメロディーの中に甘酸っぱく青くて淡い想いを染み込ませたようなエモーショナルさを持つLEAVES NO ASH、地元宇都宮、都内を中心に活動中。(インタビューサイト"puFF。"@puFF_puFF_puFF_より) 宇都宮出身の若手注目株。30代のexポップパンクキッズ感涙のDrive-Thru Recordsっぷりに青春フラッシュバックがやばい! 宇都宮HELLO DOLLYの15周年コンピにも大抜擢された、期待のエモ/ポップパンクバンド、LEAVES NO ASH。平均年齢21歳にしてこのクオリティ!2013年に宇都宮で結成されたばかりの若手ではありますが、すでに安定感すらありますね。バンド自ら公言している通り、The Starting LIneやNew Found Gloryなど2000年代初頭のDrive-Thru Records影響のバッチコイな感じ、30代のexポップパンクキッズの諸兄にとって好感持てすぎて、青春フラッシュバックやばいんじゃないでしょうかっ!("This Time ONLINE STORE"より) 何度もメンバーチェンジを繰り返しながら進化し続け、2019年より新体制で活動中!

LEAVES NO ASHの他リリースはこちら(アーティストページ)