早雲 & I-DeAが「脈動」を配信開始

2019.5.11

早雲 & I-DeAが「脈動」を配信開始

早雲 & I-DeAの「脈動」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「脈動」となっている。

平成から令和に元号が変わったこの2019年5月。UMBがお届けする日本語ラップのコンピレーションシリーズ『UMBC』シーズン2からの第二弾リリースは、UMB本戦に京都代表として二度の出場経験を持つ早雲によるシングル「脈動」だ。  京都と滋賀を拠点に、ZERO-Gravity/WE BUILT THIS CITYの一員として活動するMC兼トラックメイカーの早雲。2012年と2015年に出場したUMB本戦では共にベスト4に進んだことでも注目を浴び、その独特なリリックのセンスを武器に、昨年(2018年)には自らのプロデュースによる待望のファーストアルバム『Say to See』をリリースするなど、京都のアンダーグラウンドシーンを代表するアーティストして活躍している。  先月リリースのaddginjahzzとJIROW WONDAによる「GGGGGG」に引き続き、今回のシングル「脈動」もまた、『UMBC』のメインプロデューサーであるI-DeAがプロデュースを担当。切なく響くギターやピアノのメロディに加えて緻密に計算されたビートが鳴り響くトラックに、早雲の繊細かつ時に大胆に響く言葉の一つ一つが見事に絡みつき、絶妙なバランスを醸し出す。「脈動」というタイトルの通り、永遠とリピートされる揺れ動くかのような微かなグルーヴ感の上でノスタルジックな世界観が展開され、その仕上がりは実に美しい。早雲ならではのフレッシュな感覚で一筋の光を描き出したこの「脈動」は、令和という新しい時代を迎えるにふさわしい一曲と言えるだろう。

なお「脈動」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Apple Music、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

脈動
  • 1: 脈動

    早雲 & I-DeA

配信開始日:2019-05-11

Libra Records

ジャンル: ヒップホップ/ラップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, CLUB ZION, DE-LUXE, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク 通常版, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora 通常版, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, replay, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク Best, レコチョク 通常版, 着信★うた♪by KONAMI

早雲 & I-DeA

早雲 & I-DeA

1988年元日、京の都の最東端にて生誕。 ZERO-Gravity・WE BUILT THIS CITY所属のMC兼トラックメイカー。 2007年頃からそのキャリアをスタート。 当初より定評のある高いライミングスキルに加え、京都アンダーグラウンドの流儀を肌で感じることで、養われた感性から紡ぎ出されるリリックは、他に埋もれずに異彩を放つ。 京都・滋賀を主な拠点としてライブを行う傍ら、滋賀県石山K's BARにて、WE BUILT THIS CITYの一員としてオーガナイズに参加する『BEER』は、'18年11月に7周年を迎える。 また、Libra Recordsが主宰する『ULTIMATE MC BATTLE』においては、'12年と'15年の二度、京都予選を制し、京都代表として出場した本戦においても、両年ともにベスト4の好成績を収めている。

早雲 & I-DeAの他リリースはこちら(アーティストページ)