NOXAHが「24」を配信開始

2019.5.24

NOXAHが「24」を配信開始

NOXAHの「24」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「24」となっている。

2004年に「NOXAH(ノア)」して、バンド結成をして15年。その記念として、自主レーベルで製作した第1弾のアルバム「24」の1曲目「24(トゥエンティーフォー)」をリメイク。15周年としてヴォーカルヒロヒデが歌詞も再度書き加えアレンジはGYUが担当。誕生を祝うかのような原始の鼓動を表現したリズムとシャウトのようなコーラスワーク。新たなNOXAHサウンドとして今回「24」の楽曲が生まれ変わりリリース。

なお「24」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Apple Music、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

24
  • 1: 24

    NOXAH

配信開始日:2019-05-24

NOXAH

ジャンル: J-Pop / ロック

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク 通常版, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora 通常版, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, replay, SMART USEN, Spotify, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク Best, レコチョク 通常版, 着信★うた♪by KONAMI

NOXAH

NOXAH

《NOXAHとは?!》         元々のNOAH(ノア)に本来は不必要である“X”を中央に置く事で必要の無い物など本当に無く、誰もが必要な存在と主張し、今のバンドNOXAHの名になっている。   2009年11月3日埼玉県蓮田市のイベント、雅楽谷の森フェスティバル・第1回うたやMUSICアワードにて優勝。 2010年4月にユニバーサルミュージックから、ミニアルバム『THOUSANDS ofSMILES~笑顔のわっか~』全国CD メジャーデビューを果たす。 東京・埼玉・関東を中心に各地でのイベントやライブに多数出演、活動中。 過去、東京マラソンイベントや横浜赤レンガ倉庫、そして2012年は、東京タワー・お台場合衆国ステージに出演。2013年3月、ニューシングル『暴れ出す世界』をリリース。その週の有線ウィークリーチャートの4位を獲得、10月にFMNack5にも出演。そして、2014年12月3日、アルバム『FRIEND SHIP』をリリース。2015年2月には東京マラソンEXPOステージに出演。 楽曲提供も手がけており、企業・イベント・ご当地・店舗等イメージソングも制作。 代表的な所では、2011年からトヨタホームのオーナーズサイトにてトヨタホーム応援ソング『MY SWEET HOME』が映像として掲載、台東区谷中銀座商店街では、有線にて、『またくるからね』埼玉県草加市わいわいロード商店街では『Wai-Wai』等が、土日放送され、2011年からは、東日本大震災復興の為に、東北ツアーとして各被災地への慰問ライブを毎年行っています。夏は、銭湯をテーマにした楽曲『SENTO FOR LIFE』を制作。銭湯文化を復興活動・交流企画として参加。 近年、埼玉を中心に”よさこい踊り”が盛り上がっている中、ピーアーク連へ『FUN FOR LIFE』楽曲制作。東京足立区では、インターネット放送局『Cwave』の開局立ち上げから参加し、その番組の楽曲も数曲制作提供している。2016年、マラソンイベント・東京マラソン・蓮田マラソンなどマラソン応援ソング『ヒトツニナル』アルバムFRIENDSHIPにて収録されている。 昨年2019年12月5日、ドライバー求人サイトドラEVERとのコラボ「DRIVER」をリリース。テレビ、ラジオCMにて放送中。

NOXAHの他リリースはこちら(アーティストページ)