佐々木Kすけが「Rollover Miku Hatsune (feat. 初音ミク)」を配信開始

2019.5.25

佐々木Kすけが「Rollover Miku Hatsune (feat. 初音ミク)」を配信開始

佐々木Kすけの「Rollover Miku Hatsune (feat. 初音ミク)」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Rollover Miku Hatsune (feat. 初音ミク)」となっている。

佐々木Kすけの音楽性「VOCALOID+BLUES=VLUES」。 その代表作である本作は、まさに「初音ミク+チャックベリー=佐々木Kすけ」である!

なお「Rollover Miku Hatsune (feat. 初音ミク)」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Amazon Music、Apple Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

Rollover Miku Hatsune (feat. 初音ミク)
  • 1: Rollover Miku Hatsune (feat. 初音ミク)

    佐々木Kすけ

配信開始日:2019-05-25

ささささや

ジャンル: アイドル(女性) / ブルース

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, replay, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

佐々木Kすけ

佐々木Kすけ

バンド活動を経て一端音楽活動を休止し真面目に働き始める。 その後高校の同級生と再会してフォークデュオを結成し音楽活動を 再開。 2011年 5月16日 1時10分に佐々木Kすけ名義でDAWと初音ミク(重音テト)とギターを手に 取りニコニコ動画やyoutubeなどインターネット上にてソロ 活動を開始。 ブルース+ロック+テクノ+ 初音ミクという異常な組み合わせの楽曲を量産しながらアンダーグラウンドボカロジャパンシーンで『信号』『あば』『 腐りかけのパン』などの楽曲が一部のヘンな人達に高い評価を受ける。 2013年『出れんの!?サマソニ!?』 にエントリーしていた所を煮印不良品レコーディングスに発見され 、その楽曲の狂気的センス、 高いオリジナリティを認められ同レーベルに所属。 同年10月12日、 佐々木Kすけ名義での初にして狂気の傑作アルバム『Re:monkey』 をフリー配信でリリースしネット上でそこそこ話題になる。 11月16日、クラブイベント『Dope Up !』 にてレーベル代表の意向により無理矢理初ライブを敢行させられる 。 楽曲以外にも新都社及び週刊少年ワロスでのWEB漫画製作、 自作のPVやアートワークなどのトータルイメージを一人で製作し、ヘタウマの境地とも言えるスカムとポップの見事な融合を果たす。 ​その後アルバムを4枚くらい出す。小手指でライブする。​bayFMで曲がかかり喜ぶ。 2018年5月13日、佐々木KすけⅡ世となる。 2018年10月11日、佐々木Kすけに戻る。 2019年2月10日、神保町美学校FLAT402ライブ出演。 病弱。 個展を開いたり絵も描く。

佐々木Kすけの他リリースはこちら(アーティストページ)