Little Mastaが「Happy Birthday Song to the Earth」を配信開始

2019.5.25

Little Mastaが「Happy Birthday Song to the Earth」を配信開始

Little Mastaの「Happy Birthday Song to the Earth」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Happy Birthday Song to the Earth」となっている。

Face Bookで毎日のように今日は誰それさんの誕生日です、とか言われるので、一発、曲を作ろうじゃないか、ということで、書き上げた。スタンダードになってくれることを希望します。

なお「Happy Birthday Song to the Earth」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Apple Music、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

Happy Birthday Song to the Earth
  • 1: Happy Birthday Song to the Earth

    Little Masta

配信開始日:2019-05-25

Mecalic Sound

ジャンル: ポップ / レゲエ / ワールド

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, DANCEHALL.JP, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク 通常版, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora 通常版, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, REGGAE ZION, replay, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク Best, レコチョク 通常版, 着信★うた♪by KONAMI

Little Masta

Little Masta

LITTLE MASTA 肩書き:音楽家 PROFILE:BE-BOPなスカバンドBLUE BEAT PLAYERSの鍵盤奏者の傍ら(2011年2度目の脱退)ソロ活動に勤しむ。2002年アルゼンチンクンビアの盟主FIDEL NADAL(元マノネグラ)の来日ツアーに鍵盤サポートとして参加し、洗礼をあびる。FUJI ROCK他、各地で熱演し、以降自身のバンドMAXIMUM VIBRATIONにてクンビアレパートリーを増やし、MATE POWER、VERY BE CAREFULといったドイツ、LAの現在進行形クンビアバンドとイベント共演している。THE ZOOT16の作品・ライブにも参加。スカ仕事も多く故LAUREL AITKEN(BBP)、BAD MANNERS来日ツアーの鍵盤サポートをしたりもしている。2011年10月より活動拠点を那覇/川崎のダブルホームとし、現在、那覇では、Dr.ヒロト(EX地獄車)、Gt.崇(MONGOL800)、B.ドン久保田(Tropicalism)、Gt.波平雄太(勢理客オーケストラ)といったメンバーと、東京では、ダブワナミッドナイトシステムのリズム隊にパーカッションそらを加えたメンバーでライブ活動中。最新アルバムはソロ3枚目となる「Save Children from Nuclear Pollution」那覇では、自身のバンド、ウクレレソロ活動以外にも、名護でダンスホールレゲエバンドJAHSTICE、PJバンド(2014~15残波ジャム、Yellowmanサポート等)や、コンディショングリーン神鬼バンドに参加するなどアグレッシブに活動している。2015年を迎えて新たにガーナ出身ORLANDOとのFunky Highlifeバンド、Tenugui Brothersスタート!!また残波JAM2015出演をきっかけに宴、JAHMAI BAND(韓国ソウルリディムスーパークラブ)に参加。 フットワーク軽く行っている、ソロ活動は、ウクレレと鼻笛、カウベルを一人で弾きこなす一人三役による演奏で、楽曲の違った魅力を掘り出している。

Little Mastaの他リリースはこちら(アーティストページ)