Kotaro Saitoが「Reason (feat. MAYUMI, 友田 絢 & Hajime Uchiyama)」を配信開始

2019.6.26

Kotaro Saitoが「Reason (feat. MAYUMI, 友田 絢 & Hajime Uchiyama)」を配信開始

Kotaro Saitoの「Reason (feat. MAYUMI, 友田 絢 & Hajime Uchiyama)」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Reason (feat. MAYUMI, 友田 絢 & Hajime Uchiyama)」となっている。

2018年に全くの無名ながらSpotifyバイラルトップ50(日本)で1位になり、以来リリースする全ての楽曲がSpotify公式プレイリストの常連となったKotaro Saito(齊藤 耕太郎)。月間リスナーは2019年6月現在8万人を超え、日本だけでなくアメリカ、台湾、インドネシアなど海外での注目が集まる。そんな彼の最新作「Reason」は、1年ぶりとなる待望のボーカル入りの楽曲。八景島シーパラダイス「LIGHTIA」のメインテーマである「Love Song」を歌うMAYUMI、3月リリースの「Blue」に参加したヴァイリオリニスト・友田 絢、4月の「Memento」を共作したCM音楽業界の重鎮作曲家・内山 肇がギタリストとして参加した意欲作だ。「Love Song」でMAYUMIが示した美しく伸びやかなボーカルが、今作では更に艶を帯び、大人びた印象に進化。彼女が持つ圧倒的な音域を活かしながら、風のように優しくそよぐヴァイオリン、幻想さと崇高さを漂わせるギター、淡々と意志に溢れるピアノやシンセ、大地を揺らすモダンなグルーヴが融合。現代的であり、ノスタルジック。都会的であり、どこかファンタジー。様々な相反する要素が重なり合う3分4秒が完成した。また今作では作詞家として、「恋し君に」「Love Song」に引き続きシンガー・モデルとしても活躍するSAYUKIが参加。「歌うことの理由」「生きることの理由」を不変の真理として綴った言葉は、聴き手の心に染み込み、聴くたびに必要な答えを示してくれるだろう。神秘性溢れる楽曲の印象が、都会の街の空気や雑踏と交錯する瞬間を体験してほしい。

なお「Reason (feat. MAYUMI, 友田 絢 & Hajime Uchiyama)」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Apple Music、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

Reason (feat. MAYUMI, 友田 絢 & Hajime Uchiyama)
  • 1: Reason (feat. MAYUMI, 友田 絢 & Hajime Uchiyama)

    Kotaro Saito

配信開始日:2019-06-26

MuLogica

ジャンル: J-Pop / ポップ / ロック

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク ハイレゾ版, dミュージック powered by レコチョク 通常版, dミュージック月額コース, e-onkyo music, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora ハイレゾ版, mora 通常版, Music Store powered by レコチョク, Music Store powered by レコチョク ハイレゾ, music.jp STORE, music.jp STORE ハイレゾ版, mysound, mysound ハイレゾ版, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, OTOTOY ハイレゾ版, Prime Music, Rakuten Music, replay, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ひかりTVミュージックアラカルトサービス ハイレゾ, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク Best, レコチョク ハイレゾ版, レコチョク 通常版, 着信★うた♪by KONAMI

Kotaro Saito

Kotaro Saito

作曲家、音楽プロデューサー。 中学3年間をインドで過ごし、独学でピアノと作曲を習得。慶應義塾大学を経て 博報堂に新卒入社。5年で独立し国際連合・ワコールなどのCM・舞台・ショー音楽制作を開始。2018年リリースの「BRAINSTORM」より「秒の間」「Brainstorm」がSpotifyバイラルトップ50(日本)で1位、2位となり話題になる。またアルバム曲「Love Song」は現在八景島シーパラダイスナイトショー「LIGHTIA」のメインテーマ、BSスカパーの番組「PARA SPORTS NEWS アスリートプライド」のエンディング曲に。2019年にリリースした楽曲全てがSpotifyの公式プレイリストでピックアップされ、台湾のバイラルチャート入りも果たし、活動領域をグローバルに展開中。 (オフィシャルウェブサイト www.kotarosaito.com)

Kotaro Saitoの他リリースはこちら(アーティストページ)