山田ゆうすけが「「冬の烏」 ~高林こうこの世界を歌う~」を配信開始

2019.6.26

山田ゆうすけが「「冬の烏」 ~高林こうこの世界を歌う~」を配信開始

山田ゆうすけの「「冬の烏」 ~高林こうこの世界を歌う~」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「冬の烏」「途中下車」「五条坂」「大阪ララバイ」「神戸メルヘン」「散り椿」「ぶるうす」「センチメンタルジャーニ」「枯葉の中の青い炎」「ラストタンゴ」となっている。

1994年から作詩家高林こうこ氏とのユニット作品を創りはじめ、あっという間に25周年、100曲を超える作品を作り上げた。その中から思い出深い作品を自らがカバーして「冬の烏」~高林こうこの世界を歌うアルバムをリリースした。そしてこのアルバムに素晴らしい舞台空間と照明を与えるかのように、見事な演出を加えたのはこのチームに欠かせない編曲の杉山直樹氏の作るサウンドの世界である。イチオシは、タイトル曲の「冬の烏」と「五条坂」「ぶるうす」 1.冬の烏/「飛ぶなら高く、飛ぶなら遠く、飛ぶなら強く・・・」凍りつくような空を見上げ精一杯高く飛ぼうとしている烏がいた。それは愛 の呪縛を自ら解き放ち明日を見つけようとしているたおやかに強い女性の姿と重なった。冬の烏、これはメロディから紡ぎ出されたストーリーである。 2.途中下車/とにかく、働いた、ひたすら働いた。それが自分なのだと、仕事に明け暮れる日々に何の疑念もなかった。そんな中、珍しくオフの時間がありフラリと小さな旅に出た。ちょっとした人生の途中下車、これが良かったんだよ!僕は完全に活性化したんだからって?まあ、この名曲を聴いてくれ。 3.五条坂/京都五条坂から分かれて茶碗坂の中ほどにある老舗の陶芸店。「うちは此処の一人娘と言う運命の元に生まれて来ました。のれん、伝統を護るのが何より大切、そやけど、うちも女どす・・・。釣り合いが取れへん、あかんと言われても、そのお方が釜ぐれと知っててもこれからずうっと忘れることは出来ません・・・」。釜ぐれ、陶芸の技を磨くため全国の窯元を渡り歩く職人、昨今はそんな職人も数少なくなっている。 4.大阪ララバイ: 天保山にあるお洒落なプチシーサイドホテル・・・白い部屋が二人のラストシーンの場所。「2年も幸せだったから、充分幸せだったからわたしは泣かない・・・」。「そやのに何で?思えばさよならの予感と 背中合わせの幸せだった判っていたの。だからせめて終わりは格好よく、わたしらしくね!」 5.神戸メルヘン/冬の神戸はとにかく寒い!なのに妙に洒落て歩きたくなる海岸辺り。青春真っ只中の恋人同士が居て、「あれっ、このカップルは何?」思わせる人も居る。「肩を寄せ合う人達も総てがハッピーなら良いのにね。あっそこの哀しそうなお二人さん私が振る魔法の杖の中で素敵なメルヘンの主役におなりなさいな。冬花火を貴方達に、恋の美酒もどうぞ貴方達に捧げますから」。 6.散り椿/無理を通させない道がある。それでも、どうしても通るのなら命を懸けて通りましょう。きっと貴男は千年も前から待ちわびていた人ですもの。だってこんなにも愛おしくこんなにも哀しいから。雪の小道を真っ赤に染める椿の亡骸、一夜明けたら私も花の躯になましょう何も悔いることはありません。何も怖がることはありません。貴男と結ばれた今は・・・。 7.ぶるうす/戻ろうとすれば戻れるのに、そうはしない人がいて。と言ってこの寒い暮らしが気に入ってる訳でもない・・・。「ここは、燃え尽き症候群のたまり場かい?」あいつはさ、一流企業のエリートだったんだと噂されたり、何かやばいことがあったのだろうと・・・とちょっと引かれたり・・・、「まあいいじゃないか。みんな仲間の老いぼれ獅子だよ。この夕焼けは暖かいねえ、さあっ、そろそろあいつの昔自慢が始まるよ・・・」。 8.センチメンタルジャニ/失恋が私を追い立てた。彼の思い出に染まったあの街から失恋が私を酒飲みにした。心の傷口はお酒なんぞで洗えないのに失恋が私を強くした。破れかぶれのその後で。でも失恋の中彷徨へばわたしの明日も見えるかもね初めて来たこの町は失恋女の夢止まり。 9.枯葉の中の青い炎/この作品は芥川賞作家の辻原先生の短編小説のタイトルを先生のご了解の得て使わせて頂きました。小説の内容とは全く違うストリーにしたのは、タイトルの持つ不思議な魅力に取り憑かれたからです。只、願いを込め魔法の枯葉を燃やすと確かに祈りは届くもののそれと同様のリスクを背負うことになるとは、小説の中から頂きました。私は、ゆうすけ先生の曲と杉山先生の編曲があってグローバルなこの作品が成り立っていると感謝しています。(作詞家 高林こうこ) 10.ラストタンゴ/哀しくても薔薇になる。燃えるような真紅の薔薇に黒い衣服を纏いタンゴの化身に・・・。足が破れで身体が壊れてそれでも息が絶えるまでわたしは踊るの・・・。貴方と絡み合いメロディに溶けている今だけが貴方を繫ぎとめていられるから。

なお「「冬の烏」 ~高林こうこの世界を歌う~」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Apple Music、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

「冬の烏」 ~高林こうこの世界を歌う~
  • 1: 冬の烏

    山田ゆうすけ

  • 2: 途中下車

    山田ゆうすけ

  • 3: 五条坂

    山田ゆうすけ

  • 4: 大阪ララバイ

    山田ゆうすけ

  • 5: 神戸メルヘン

    山田ゆうすけ

  • 6: 散り椿

    山田ゆうすけ

  • 7: ぶるうす

    山田ゆうすけ

  • 8: センチメンタルジャーニ

    山田ゆうすけ

  • 9: 枯葉の中の青い炎

    山田ゆうすけ

  • 10: ラストタンゴ

    山田ゆうすけ

配信開始日:2019-06-26

Push Pull

ジャンル: 歌謡曲

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク 通常版, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora 通常版, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, replay, SMART USEN, Spotify, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク Best, レコチョク 通常版, 着信★うた♪by KONAMI

山田ゆうすけ

山田ゆうすけ

元々、オフコースのコピーバンド「Push Pull」のキーボーディスト&バンドマスターの活動の中から オリジナル曲を書くようになる。 1998年日本作曲家協会主催第3回ソングコンテストで美川憲一に作品提供した『HUN!』でグランプリ受賞を機に 作曲家としてデビューした。コンテストの審査員であった故三木たかし先生の指導を受け、それまでのポップス 一辺倒から歌謡曲作家として目覚めた。その後、「Push Pull Premium110」(2009)「娘に贈るLet It Be」(2014) などシンガーソングソングライターとしても活動を開始した。 女性の切ない恋を歌ったラブソング、を哀愁を込めて歌うその世界は、昔「初恋」「踊り子」などをヒットさせながら 早く世を去った村下孝蔵と重ねて楽しむファン(昔の少女たち)も多く、哀愁の歌を歌い続ける。

山田ゆうすけの他リリースはこちら(アーティストページ)