MIKKO、「真夏のポラロイド」を配信開始

2019.7.24

MIKKOが「真夏のポラロイド」を配信開始

MIKKOの「真夏のポラロイド」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「真夏のポラロイド」となっている。

MIKKO、7月24日(水)に配信シングル「真夏のポラロイド」をリリース。 前シングル「色・ホワイトブレンド」から約1年4ヶ月、カバーアルバム「ANYTHING GOES – MIKKO COVERS – 」からは9ヶ月ぶりとなる「真夏のポラロイド」。作詞に新進気鋭のシンガーで、最近はRYUTistへの作品提供でも知られる、清浦夏実(TWEEDEES)、編曲とプロデュースに90〜00年代Cymbalsとしての活動でも評価の高いポップマエストロ、沖井礼二(TWEEDEES)を迎えて制作さた真夏のポップチューン。MIKKO meets TWEEDEES! 「真夏のポラロイド」 作詞:清浦夏実(TWEEDEES) 作曲:MIKKO 編曲・プロデュース:沖井礼二(TWEEDEES)

なお「真夏のポラロイド」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Amazon Music、Apple Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

真夏のポラロイド
  • 1: 真夏のポラロイド

    MIKKO

配信開始日:2019-07-24

Angel Music Japan

ジャンル: J-Pop / ポップ / ロック

配信ストア: Amazon Music, Apple Music, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, Google Play Music, iTunes, LINE MUSIC, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, replay, Spotify, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, レコチョク

MIKKO

MIKKO

山口県出身のシンガーソングライター。 幼い頃からピアノを習い、音楽の楽しさに目覚める。 高校を卒業後、3年間音楽の専門学校で歌とゴスペルを学ぶ。 ゴスペルでは、五木ひろし、小林旭、HYのバックコーラスを経験。19歳から独学で曲を作り始める。 21歳で上京し、シンガーソングライターとして本格的に活動を間始。 2009年11月、1st Sungle「DEVOTION」でデビュー。 2010年3月、FMぱるるん(茨城県)「MIKKOのHAPPY SMILE☆」にて、初のレギュラー番組を持つ。 また、BSN新潟ラジオ、ラジオ日本のパーソナリティーも経験。 2012年、故郷山口県に拠点を移し、4月からFM山口「MIKKOとヤスベェのHey!Girl Hey!Boy」のメインパーソナリティーを務めている。 2014年、山口県下松市制施行75周年記念で制作された「下松笠戸島音頭」を歌う歌手に抜擢。 2015年3月、山口県下松市「くだまつ観光大使」に任命される。 8月、レノファ山口FC公式テーマソング「スタートライン~All For Team~」制作&歌唱。 レノファ山口「夏の維新劇場~やまぐちの力をひとつに~」応援隊長に就任。 2016年1月、山口県周南市周南警察署の一日警察署長を務める。 9月、tysテレビ山口「ありがとう~感謝の手紙、届けます~」ナレーションを担当。 世界中が「HAPPY SMILE=幸せな笑顔」で溢れる事を願い、思いを込めて音楽活動を行っている。

MIKKOの他リリースはこちら(アーティストページ)