TOMORO & May J.が「PARTY OUT feat.May J.」を配信開始

2019.7.24

TOMORO & May J.が「PARTY OUT feat.May J.」を配信開始

TOMORO & May J.の「PARTY OUT feat.May J.」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「PARTY OUT feat.May J.」となっている。

なお「PARTY OUT feat.May J.」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Apple Music、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

PARTY OUT feat.May J.
  • 1: PARTY OUT feat.May J.

    TOMORO & May J.

配信開始日:2019-07-24

tomolution

ジャンル: J-Pop / ヒップホップ/ラップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク ハイレゾ版, dミュージック powered by レコチョク 通常版, dミュージック月額コース, e-onkyo music, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora ハイレゾ版, mora 通常版, Music Store powered by レコチョク, Music Store powered by レコチョク ハイレゾ, music.jp STORE, music.jp STORE ハイレゾ版, mysound, mysound ハイレゾ版, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, OTOTOY ハイレゾ版, Prime Music, Rakuten Music, replay, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ひかりTVミュージックアラカルトサービス ハイレゾ, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク Best, レコチョク ハイレゾ版, レコチョク 通常版, 着信★うた♪by KONAMI

TOMORO & May J.

TOMORO & May J.

旧ソ連軍から脱北したカラフト島民の子孫で、自身が株主である会社本拠地の六本木と海外ロサンゼルス、地元の横浜を根城に活動するラッパー、プロデューサー、実業家、投資家、映像作家、デザイナー、芸能プロモーター。自社事務所は六本木ヒルズを始め、港区内の森ビルに複数所在する。  2002年から横浜にてチーム『Y.T.F』を結成させ、後に全国的に支部を有して何層にもわたるシステムを構築し、構成員100人のリーダーとして活動開始。このネットワークを駆使し、独学で商売を覚える。  2006年、音楽活動をスタートさせる。全国各地と海外ニューヨーク、スイス、ドイツ、スペイン、フランス、北京、インドネシアを飛び回り活動し、確かな人脈とコネクションを築き上げた。  2008年に、その自ら切り開いたコネクションを武器にインディーズでは異例の全国35カ所と海外ニューヨークでのライブツアーを達成。 その後、中国北京でライブツアー達成。  また、クラブでの下積み時代は年間ライブ140本に加え、主催イベントを横浜、横須賀、渋谷、六本木で繰り広げ、メディアへの露出としてもTBS深夜番組「スイッチ」出演やトヨタ自動車企業広告に主役で出演、他音楽系雑誌、各地ラジオ局番組にゲスト出演した。  現在は、若くして音楽家としての活動以外に実業家、映像作家、プロデューサー、デザイナー、タレント、モデルとしても幅広く活躍中。実業家としては、最初は手売りしたCDの売り上げとツアーでの興行の収益、印税を資本金に2009年4月、念願の映像制作会社を設立。アーティストのプロモーションビデオ制作を得意とし、起業最初の1年間だけでメジャーとインディーズ合わせて20本の作品を監督した。その後、更に事業の拡大化を図り、音楽レーベル、芸能プロダクション、ダンススタジオ、レコーディングスタジオ、スクール、ラウンジバー、ライブハウスと多岐ジャンルに渡り続々と設立し、25歳までで合計10店舗のプロデュースを手がけたことから、六本木、渋谷界隈の業界ではその名を馳せている。現在は海外事業にも手を伸ばし、成功をおさめている。 また、赤坂BLITZ、横浜BLITZ、Zepp TOKYO、Zepp NAGOYA、Zepp OSAKA、BAY SIDE YOKOHAMAでイベント『元気玉-GENKIDAMA-』、『横濱大革命』、『赤坂音楽祭』、ファッションショー『Roppongi Fashion Year』を開催し、毎回1000人~1500人を動員してテレビにも度々取り上げられている。他にも六本木や麻布の各ディスコ、ラウンジでのパーティーや、船一隻を貸し切って開催しているクルージングパーティー『THE EXCLUSIVE CRUISING in 東京湾』では、普通お目にかかれないレベルの芸能人や有名人を次々に招待し話題を呼んでいる。  2011年には、新宿、渋谷、新橋の街頭大型ビジョンを一挙に占領してCMを流し話題を呼んだ。  そのエンターテイナーぶりと存在感、ド派手な行動、歌とラップを駆使したジャンルに囚われない音楽、『時に愉快、時に真面目』でオリジナリティー溢れる奇想天外な楽曲で評価を得ている。  破天荒な活躍ぶりで注目を集めてきた...2012年、クラウンレコードから不景気を吹っ飛ばす六本木発パーティーソング 『LOVEドッきゅん♥2♥feat.CLUB PRINCE~六本木 PARTY★SONG~』でメジャーデビュー。デビューから3週間で、着うた期間限定配信にも関わらず、USEN総合チャートで浜崎あゆみやAKB48、SPAM等を抜いて堂々のトップ10位入りを果たした。  2013年、Zepp TOKYO、Zepp NAGOYA、Zepp OSAKAにて『元気玉 Zepp東名阪TOUR』達成。渋谷にレコーディングスタジオ設立。同時に、海外ロサンゼルスにもプロダクションと制作スタジオを設立し、ハリウッド、ビバリーヒルズでビジネスを本格的に開始した。  豪華プロデューサー、豪華客演アーティストを迎え、2013年夏期より怒濤の連続リリースを計画している。  プロデューサーとして、ビジネスマンとして、そしてアーティストとして、次世代の日本の音楽業界と芸能界を築く!!

TOMORO & May J.の他リリースはこちら(アーティストページ)