The Mirrazが「ヒライアカル」を配信開始

2019.7.28

The Mirrazが「ヒライアカル」を配信開始

The Mirrazの「ヒライアカル」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「ヒライアカル」となっている。

なお「ヒライアカル」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Apple Music、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

ヒライアカル
  • 1: ヒライアカル

    The Mirraz

配信開始日:2019-07-28

KINOI,INC.

ジャンル: J-Pop / オルタナティブ / ロック

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク ハイレゾ版, dミュージック powered by レコチョク 通常版, dミュージック月額コース, e-onkyo music, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora ハイレゾ版, mora 通常版, Music Store powered by レコチョク, Music Store powered by レコチョク ハイレゾ, music.jp STORE, music.jp STORE ハイレゾ版, mysound, mysound ハイレゾ版, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, OTOTOY ハイレゾ版, Prime Music, Rakuten Music, replay, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ひかりTVミュージックアラカルトサービス ハイレゾ, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク Best, レコチョク ハイレゾ版, レコチョク 通常版, 着信★うた♪by KONAMI

The Mirraz

The Mirraz

畠山承平(右、Vo, G *全楽曲の作詞・作曲・アレンジを手掛け、MV等も自作する。)、佐藤真彦(中央、G)、中島ケイゾー(左、B)からなるロックバンド。 2006年9月に畠山が中心となって結成。 2008年12月に1stアルバム「OUI! OUI! OUI!」、2009年10月に2ndアルバム「NECESSARYEVIL」とリリースを重ね、洋邦ロックファンから注目を集める。 2012年1月にインディーズ最後のアルバムをリリースし、同年7月16日にEMI Music Japanへのメジャー移籍を発表。 メジャー移籍後はシングル「僕らは/気持ち悪りぃ」「傷名/うるせー」を発表。Vo.畠山も多いに影響を受けたサザンオールスターズ桑田佳祐氏が選ぶ今年のベスト20に「気持ち悪りぃ」が6位にランクインするなど、メジャー移籍後もミイラズらしい活動をくりひろげている。 シニカルからコミカルからコケティッシュまで、畠山承平のフィルターを通して書き連ねられるリアリティあふれる膨大な量の歌詞を武器に、畳み掛けるように歌い放つボーカルスタイルは唯一無二。クールで突き放すようなライブスタイルと、飾ることない気さくで愉快なトークのギャップが人気。 映像制作にも定評があり、自身のMVを初め、ミイラズ企画イベント『427』上映ムービーやミイラズのオリジナルTVプログラム『KINOI TV』等、撮影〜編集まで執り行っている。全体的にエッジの効いた作風のため、電波に乗せられない事もしばしば。 共感を得る作風でないため、観客を取り残す事もしばしば。ただしその状況こそがミイラズ・畠山承平の真骨頂であるとも言える。 2016年には自主レーベルDEATH PYRAMID RECORDSよりフルアルバム『しるぶぷれっ!!!』を発表、EDMにヒントを得て新しいミイラズのスタイルを打ち出しつつも、ロックなミイラズ節炸裂のアルバムとなっている。2016年9月より結成10周年を迎える。 2017年2月EDM最終章アルバム『ぼなぺてぃっ!!!』をリリース。 2017年4月前事務所を辞め、完全独立。新レーベル&事務所の『KINOI,INC.』を立ち上げ、第一弾9thアルバム『Mr.KingKong』をリリース!

The Mirrazの他リリースはこちら(アーティストページ)