愛川ケイト、「ワタシとアナタの境界 (ボーダー) ブルー」を配信開始

2019.8.1

愛川ケイトが「ワタシとアナタの境界 (ボーダー) ブルー」を配信開始

愛川ケイトの「ワタシとアナタの境界 (ボーダー) ブルー」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「ワタシとアナタの境界 (ボーダー) ブルー」となっている。

神奈川県横浜市出身。 目標を持って一歩ずつ歩み出そうとする人を励ますために「魂撫(鼓舞/こぶ)する表現者」として、前向きで在ることを歌う。 新潟県佐渡市出身の両親の元、0歳から神奈川県横浜市で育つ。生粋の浜っ子で都会の便利な生活を体験しながら幼少期の長期休暇では、 佐渡の祖父母宅で大自然の中での生活において生きる知恵を学ぶ機会に恵まれる。芯の強い気質の祖父からは生きていくための知恵を教わり、心穏やかで優しい叔父からは歌謡曲をはじめ洋楽と、音楽の心地良さや歌うことの楽しさを教わる。 学生時代には母親と対立関係が続き、友人との関係の悪化、さらには祖父の死を経て人間関係に行き詰まりを感じ、自暴自棄になりかけるも、 叔父から教わった桂銀淑をはじめ数々の昭和歌謡曲と、横浜の生活で毎週放送される音楽番組を見て心踊ったJ-POP、習い事のジャズダンスで練習のために聞き、踊り続けたマイケルジャクソンと数々の洋楽、アニメソングなどの音楽にいつのときも救われていた。 アニメは、少年漫画の中でもSFアニメとスポーツアニメが好きで、特にスラムダンクに熱く、思い入れがある。 自身の体験から、未体験のことに挑戦するときの恐怖心、そして、それらを乗り越えるために歩みを進め、経験を積み続けていくことの大切さを感じている。「これからの希望溢れる未来を創造するするため、現在(いま)を最大限に、精一杯生きる」ことをモットーに歌い続ける事で、未体験のことに挑戦し精一杯生きている人に向けて、共に励まし合い、前向きで在ることを歌う歌い手である。

なお「ワタシとアナタの境界 (ボーダー) ブルー」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Amazon Music、Apple Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

ワタシとアナタの境界 (ボーダー) ブルー
  • 1: ワタシとアナタの境界 (ボーダー) ブルー

    愛川ケイト

配信開始日:2019-08-01

Orange factory

ジャンル: J-Pop

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, replay, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

愛川ケイト

愛川ケイトの他リリースはこちら(アーティストページ)