長利和季が「ccandle」を配信開始

2019.8.22

長利和季が「ccandle」を配信開始

長利和季の「ccandle」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「candle」「night blue」「おやすみ」「いつか光を失くしても(2018 piano ver.)」となっている。

2018年3月にリリースした長利和季の3枚目のシングル。 CDリリース当日の1st ONE MAN LIVE"いつか光を失くしても"にて配布された「いつか光を失くしても」を配信限定で再配布。 収録曲 1.candle 2.night blue 3.おやすみ 4.いつか光を失くしても(2018 piano ver.)

なお「ccandle」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Amazon Music、Apple Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

ccandle
  • 1: candle

    長利和季

  • 2: night blue

    長利和季

  • 3: おやすみ

    長利和季

  • 4: いつか光を失くしても(2018 piano ver.)

    長利和季

配信開始日:2019-08-22

ジャンル: J-Pop

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, Apple Music, Google Play Music, iTunes, LINE MUSIC, Prime Music, Spotify

長利和季

長利和季

1995年、宮城県生まれ。音楽家。 ​ 2016年に憂いを唄う鍵盤弾きとして活動を開始。1st single「cigarette」をリリース。 2017年6月、2nd single「camellia」リリースに伴い15ヶ所を巡るツアー『カメリアを君に』を敢行。 2018年3月には3rd single「candle」リリースと共に初となるワンマンライブ『いつか光を失くしても』を開催、成功を収める。ワンマンライブ内で脳神経疾患があることを告白。療養のため4月から一切の音楽活動を休止することを発表し、活動休止前最後のリリースツアー『さよならの代わりに』を敢行。 4月1日のツアーファイナルで約2時間弱のステージを歌いきり、一切の音楽活動を休止した。 ​現在は身体の治療に専念しながら作詞曲家、文筆家として活動している。 ​楽曲提供サイト「朝凪の微睡む部屋」を長利和季のサイトと統合。現在は同名義でオフィシャルサイトとして使用している。

長利和季の他リリースはこちら(アーティストページ)