沼崎 しゅういち、「潮風の匂い」を配信開始

2019.9.23

沼崎 しゅういちが「潮風の匂い」を配信開始

沼崎 しゅういちの「潮風の匂い」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「潮風の匂い」「命」となっている。

「潮風の匂い」岩手県陸前高田市【奇跡の一本松】のある地区が故郷の作家、中澤八千代氏初の作詞作品。ドラマチックに展開する「父よ、母よ、友よ、我が子よ」のフレーズはインパクトあり。流れるようなメロディーラインが詞を引き立てています。『命』儚い命と医師から宣告され、「後何年生きられる」「明日は目が覚めるのか」命の限り精一杯生きてゆくと、強いメッセージを伝える作品となっています。

なお「潮風の匂い」は、iTunes、Apple Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

潮風の匂い
  • 1: 潮風の匂い

    沼崎 しゅういち

  • 2: 命

    沼崎 しゅういち

配信開始日:2019-09-23

Double Win Records

ジャンル: 歌謡曲

配信ストア: Apple Music, iTunes

沼崎 しゅういち

沼崎 しゅういち

「沼崎しゅういち」作家活動を通じ多くのアーティストを育成。2013年5月15日復興と町興しの願いを込めた、地元宮城県を舞台とする旅情歌「齋理屋敷のある町」でCDデビュー。2018年11月28日、第2弾「紅い水車のレストラン」をリリース。シンガーソングライターとして活動中。

沼崎 しゅういちの他リリースはこちら(アーティストページ)