中田雅史、「Free Bird EP」を配信開始

2019.9.24

中田雅史が「Free Bird EP」を配信開始

中田雅史の「Free Bird EP」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Free Bird」「ビスケット」「キミとボクのまにまに」「reason」「Free Bird (backing track)」「ビスケット (backing track)」となっている。

【収録曲】 01. Free Bird 02. ビスケット 03. キミとボクのまにまに 04. reason 05. Free Bird(backing track) 06. ビスケット(backing track) プロデューサーに西本明氏(渡辺美里、尾崎豊、稲垣潤一、他)を迎え、今彼が「全てシングルとしてリリースしたい」 という渾身の4曲をこの1枚に。 コンサドーレ札幌公式サポートソングオーディション「LET'S ROCK!」2012にて最終選考に選ばれた 「Free Bird」、彼の実の姉の結婚に作曲、捧げた「ビスケット」、そして、バドミントン日本代表、佐々木翔選手の ために書き下ろした「reason」。そして、彼の人間味が溢れるキー曲「キミとボクのまにまに」 更に、要望が強かった「Free Bird」「ビスケット」のbackin truckを含む全6曲を収録。 ★2008年に江口正祥と京都ライブハウスで偶然出会い、翌年2009年に「ハッピーバースデー(6曲)」で配信デビュー。 その記念ライブにて、尾崎豊元サポートギタリストとして参加していた江口正祥(Gt)、西本明(key)、吉浦芳一(Dr)が 集結してライブを行なう。そこで西本氏と出合い、親交を深め、西本氏本人たっての希望の元、今作品でプロデュースを依頼。

なお「Free Bird EP」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Amazon Music、Apple Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

Free Bird EP
  • 1: Free Bird

    中田雅史

  • 2: ビスケット

    中田雅史

  • 3: キミとボクのまにまに

    中田雅史

  • 4: reason

    中田雅史

  • 5: Free Bird (backing track)

    中田雅史

  • 6: ビスケット (backing track)

    中田雅史

配信開始日:2019-09-24

masashi house record

ジャンル: J-Pop / ロック

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, replay, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

中田雅史

中田雅史

■中田雅史 -Nakata Masashi- 1984年12月2日生まれ。 北海道島牧村出身。北海道を拠点に全国を旅しながら風土を醸してゆくテロワールシンガーソングライター。 雄大な自然を想起させる詩の世界観と深く温かな歌声、アコースティックギターで奏でる、楽しさと優しさと懐かしさの同居する曲は、 聴く人のココロとカラダを不思議と調和していく。 各地での様々なスタイルで行うライブ以外にも、CDプロデュース・楽曲提供・配信・TV・ラジオ・youtubeチャンネル「masashihouse」 顔の見える暮らしの実践・地域おこしなど、 多方面に活躍の場を広げている。 ■略歴 中学三年生の時、尾崎豊の音楽に出会いギターを始める。 大学進学で京都に住んでいた時から路上ライブを始める。 その後ヒッチハイク無銭弾き語りの旅を開始。富士山の頂上、屋久島、病院、カフェ、ライブハウス、 コンサートホール、コンサートドームまで、日本全国あらゆる場所で歌うようになる。 2009年ビクターミュージックアーツからデビュー、2010年有線問い合わせてランキング第3位1stAlubum「海空」リリース。 2011年北海道放送局HBCラジオレギュラー番組スタート、以後三年間パーソナリティを務める。2013年尾崎豊のトリビュートイベントにコーラスとして参加。 同年、親友ミュージシャン高松豪とタカハシナオト三人組で行う「人生悔い無しツアー」敢行。 2014年、結婚のタイミングで「つみきep」をリリース。 2015年には夫婦二人の手作りハネムーンツアー「全国つみき弾き醸し自走ツアー」を車で二ヶ月かけて走破し、評判を得る。 同年、初の海外台湾ツアーも開始。 2016年、海と日本プロジェクトinガッチャンコ北海道のCMソング「海フィール」をリリース。 2017年、2nd Album「僕らのテロワール」をリリース。 2018年、中田雅史がキュレーターを務める銭函フェスを開催し、大成功をおさめる。 ■テロワールミュージシャン 音楽が商品になった社会の中、 音楽のもつ本質的な可能性を探求し、 旅をする その土地には、その土地の風があり 草木が育ち 水がながれる その地の風を奏で その地の土を唄い その地の日差しを言葉に刻む 音楽とは 何かの意思や想いを 皆で分かち合い 共鳴するもの その想いは、 文化として皆の心に残り 繋がって行きます

中田雅史の他リリースはこちら(アーティストページ)