Kayoko Honda、「ラバーハート」を配信開始

2019.10.3

Kayoko Hondaが「ラバーハート」を配信開始

Kayoko Hondaの「ラバーハート」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「ラバーハート」となっている。

産婦人科看護師時代の経験を元に作詞作曲したシングル”Chance de viver “ から二年。。 否定される恐怖から何度も諦めようと思った。 ポルトガル語を話すことも、歌を歌うことさえも。 二倍も三倍も努力をして、 多くの「Não (否定)」を「Sim(肯定)」に変えてきた。 成長した私を見て欲しい。 ありがとう!オブリガーダ!

なお「ラバーハート」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Amazon Music、Apple Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

ラバーハート
  • 1: ラバーハート

    Kayoko Honda

配信開始日:2019-10-03

Kayoko Honda

ジャンル: カントリー / ボサノバ / ポップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, replay, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

Kayoko Honda

Kayoko Honda

19歳にブラジルに出会い、独学でポルトガル語を取得。10年間看護師として経験しその中の想いや考えを形にして作詞作曲した初シングル「Chance de viver 」から二年。多くの「Não (否定)」を「Sim (可能)」に変えてきた。 バイリンガルとして歌だけでなく、精力的にブラジル人に日本語を教えるなど日本とブラジルの架け橋とも言える存在。

Kayoko Hondaの他リリースはこちら(アーティストページ)