佐々木義生、「舞踊組曲 アジアの香り」を配信開始

2019.12.1

佐々木義生が「舞踊組曲 アジアの香り」を配信開始

佐々木義生の「舞踊組曲 アジアの香り」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「プロローグ」「流浪の民」「国境の町」「ズビンダンス」「極北の大地」「アジアの香り」「地平のむこうへ」「いにしえの風」「祈り」となっている。

Spirit of Asia( アジアの香り ) は舞踊組曲として作曲しました。舞踊とは踊りを意味するが、もっと根源的な世界を貫いている リズム、メロディーを見つけたいという思いで作ったものである。曲は 9 曲からなり、様々な風土の民族楽器が使用され曲が出 来上がっている。制作する過程で楽器の分類が 4 つの文明と文化に関係していることに気付き、5 つのカテゴリーを設け制作し た。その流れはまさしくアフリカを発祥とする人類の起源と重なる。人間が世界に広がるにつれて出来上がっていったアフロ・ ユーラシアの文化と文明。その中に当然、音楽、楽器も含まれている。現代は世界が繋がり合うグローバルな時代であると同時 に、それぞれの国が簡単に分断してしまう危うい時代とも言える。それぞれの国にはそれぞれの民族とその風土に根ざした音楽 文化がある。現代は国の風土を超えた交流を目指した動きも数多く見られるが、今後さらなる風土を超えた創作、作品作りが益々 必要となるであろう。

なお「舞踊組曲 アジアの香り」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Apple Music、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

舞踊組曲 アジアの香り
  • 1: プロローグ

    佐々木義生

  • 2: 流浪の民

    佐々木義生

  • 3: 国境の町

    佐々木義生

  • 4: ズビンダンス

    佐々木義生

  • 5: 極北の大地

    佐々木義生

  • 6: アジアの香り

    佐々木義生

  • 7: 地平のむこうへ

    佐々木義生

  • 8: いにしえの風

    佐々木義生

  • 9: 祈り

    佐々木義生

配信開始日:2019-12-01

mind jazz

ジャンル: インストゥメンタル

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, replay, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

佐々木義生

佐々木義生

■佐々木義生プロフィール 菊池秀行グループ、沢田駿悟トリオに参加する かたわら、故寺山修司主宰「天井桟敷」で音楽 を担当するなど幅広い活動をする。1983 年、 活動の場を北海道に移し、シンセサイザー、パー カッション、ベースを使用した独自の Mind Jazz を開始。87 年アルバム「翔」、また '93 年アルバム「悠久」発表。友好が深いゲイリー・バートン、チック・コリア、サミー・ ネスティコ、ジョバンニ・イダルゴ、エリック宮城、向井滋春等の交流を通じ、 次世代の育成音楽事業にも力を注ぐ。第 1 回ジャズマンス・イン・旭川 (1995 年 ) より音楽プロデュース、作編曲家として 20 年連続参加。2018 年 Mind Jazz アジア 3 部作の第 1 部『Spirit of Asia/ アジアの香り』 を制作。2019 年第 2 部となる『Earth Festival/ 大地の祭典』を制作する。

佐々木義生の他リリースはこちら(アーティストページ)