植地雅哉、「薬奏 ~サブリミナル効果による~ 精神疲労解消」を配信開始

2019.12.8

植地雅哉が「薬奏 ~サブリミナル効果による~ 精神疲労解消」を配信開始

植地雅哉の「薬奏 ~サブリミナル効果による~ 精神疲労解消」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「日だまり」「Mountain Path」「眼鏡橋を渡って」「Destination」「温もり」「影の悪戯」「幻想の中へ」「フロム・ザ・ハート (Slow Version)」「歌の翼に」「フォーリング スター」を含む全11曲となっている。

プロデュース:植地雅哉(日本音楽療法学会会員)、監修:富田隆(心理学者) [耳に聞こえないメッセージが潜在意識を活性化] 心の疲労を優しく解消し、すっきり爽やかになりましょう。 薬奏シリーズは、日常生活に於て陥りやすいストレスを、認知心理学の面から分析・考案された暗示メッセージと、ここち良い音楽により癒してくれる音楽療法です。 音楽の中にナレーションを聴感上聞き取りにくい音量、周波数、速度で50分間に3千6百万回挿入してあり、その(耳に聞こえない)ナレーションが、暗示メッセージとなり潜在意識を自然に作っていきます。2年間の臨床実験では80%の人が効果を感じると答えています。

なお「薬奏 ~サブリミナル効果による~ 精神疲労解消」は、iTunes、Spotify、Apple Music、Google Play Music、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

薬奏 ~サブリミナル効果による~ 精神疲労解消
  • 1: 日だまり

    植地雅哉

  • 2: Mountain Path

    植地雅哉

  • 3: 眼鏡橋を渡って

    植地雅哉

  • 4: Destination

    植地雅哉

  • 5: 温もり

    植地雅哉

  • 6: 影の悪戯

    植地雅哉

  • 7: 幻想の中へ

    植地雅哉

  • 8: フロム・ザ・ハート (Slow Version)

    植地雅哉

  • 9: 歌の翼に

    植地雅哉

  • 10: フォーリング スター

    植地雅哉

  • 11: Gemini (Piano Version)

    植地雅哉

配信開始日:2019-12-08

メディシナルミュージック

ジャンル: インストゥメンタル / オルタナティブ / ニューエイジ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, replay, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

植地雅哉

植地雅哉

音楽プロデューサー:植地雅哉(うえちまさや) 日本音楽療法学会会員(1993年より前日本バイオミュージック学会会員となる) 生年月日 1954年10月26日 東京都生まれ。専門は音楽効果、1980年代、山本寛斎、シャネル等のファッションショー音楽やバレー音楽、ショー演出を数多く手がけました。また、全国展開宝石店の広告、ディスプレイも数多く手がけました。1990年代よりヒーリング・ミュージック等の心理効果の音楽をプロデュースし、今までに無いサブリミナル効果CDとして、18枚を発売しました。監修は駒沢女子大学教授 心理学者:富田 隆氏、精神看護学者:川野雅資氏らに依頼し、制作したCDは、臨床実験を行い、効果と安全性を確認してあります。また、1997年には、1/fゆらぎ効果を用いた音薬療法シリーズ全5枚を発売しました。さらに、1998年には、1/fゆらぎ効果を用いたストレスフリーシリーズ全3枚を発売しました。2001年からは薬奏シリーズ全25枚を発売しました。 2018年現在 Webサイト・メディシナル研究所/音楽療法専科の主宰、音楽プロデューサーとして活躍中です。

植地雅哉の他リリースはこちら(アーティストページ)