indischord、「blue」を配信開始

2019.12.16

indischordが「blue」を配信開始

indischordの「blue」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「blue」となっている。

なお「blue」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

blue
  • 1: blue

    indischord

配信開始日:2019-12-16

indischord

ジャンル: ロック

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

indischord

indischord

福島県福島市にて2016年6月に結成、活動を開始する。 9月の初ライブ時に無料1st demo single「first」をリリース。 3月には早くも1st album『promenade』をリリース、4ヶ月に渡り全国ツアーを敢行。 同月、東北最大級のフェス『ARABAKI ROCK FEST.17』の出演者オーディション『HASEKURA Revolution』にてグランプリを獲得、メインステージである陸奥ステージに出演。7月には『Reborn-Art Festival 2017 × ap bank fes』へ出演、その他数々のサーキットイベント、フェス等への出演を果たす。 10月には1st single『blue』をリリース、併せてショートツアーを敢行。 2018年3月、福島OutLineにて初のワンマンライブを開催。 2019年11月、新メンバーが加入し新たなスタートを切る。12月には約2年ぶりとなる待望の2nd album『paradigm』のリリース及びリリースツアーが決定している。 バンド名は「不一致である」という意味の熟語「be in discord」を捩ったものであり、メンバー1人1人の音楽の嗜好や思考が不一致であることを逆手に取り、この4人でしか作れない「聴き手の心の琴線に触れる新しい音楽」を生み出す、という意味合いが込められている。

indischordの他リリースはこちら(アーティストページ)