MARCOが「テニトル」を配信開始

2019.2.24

MARCOが「テニトル」を配信開始

MARCOの「テニトル」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「テニトル」となっている。

#43sFILE No.12

なお「テニトル」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Apple Music、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

テニトル
  • 1: テニトル

    MARCO

配信開始日:2019-02-24

43 FORCE RECORDS

ジャンル: ヒップホップ/ラップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク 通常版, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora 通常版, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, replay, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク Best, レコチョク 通常版, 着信★うた♪by KONAMI

MARCO

MARCO

1987年長崎県大瀬戸町出身。 2009年「どうせ行くなら端まで」と、長崎から車で単身北海道へ修行に出る。 辿り着いた札幌でソロ活動を始め、2011年MisterBee, ChapsとMcBROVA$を結成。 ソロでの客演やユニットでの活動を通し、徐々に頭角を現していく。 2012年には自身初となるソロ音源 “Rebellious Spirit”を発表。 札幌での音楽活動を活発化させながら、結婚、そして長女、次女の誕生を機に6年間サヴァイブした札幌を離れ地元長崎へと帰郷する。 帰郷後すぐにステージ3の癌が発覚し、生死を彷徨いながらも闘病生活を切り抜け現在は長崎市を拠点に活動中。 札幌/長崎のHybrid Rapper。 彼の波瀾万丈に満ちた人生を有りのままに描写するLyricは聞くものの心を動かす。

MARCOの他リリースはこちら(アーティストページ)