Heathensが「No Tears (feat. Pall Jenkins)」を配信開始

2019.3.12

Heathensが「No Tears (feat. Pall Jenkins)」を配信開始

Heathensの「No Tears (feat. Pall Jenkins)」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「No Tears (feat. Pall Jenkins)」となっている。

ダークなダウンテンポサウンドに閉じ込められた、魂の叫び。 4月5日にリリースされるイタリアの6人組エレクトリックバンドHeathensのサードアルバム「Love Songs for Insensitive People」より、収録曲「No Tears」が先行シングルとして登場。 Heathensは2012年にイタリア北部の小さな町、フェルトレにてMattiaのLorenzoのDal Pan兄弟によって開始されたエレクトリックバンド。同年にファーストアルバム「in Silenzio」を、2016年にはセカンドアルバム「Alpha」をリリース。まるでビートルズやビーチボーイズのような、誰でも覚えられるキャッチーなメロディー、ナイフやノーツイストからの影響を受けたエレクトリックなグルーヴ、そしてレディオヘッドやマッシヴ・アタックに代表される内省的なサウンドで賞賛を受ける。 今回、先行シングルとしてリリースされた「No Tears」は、その中でも特にダウンテンポリズムとダークシンセサウンドを前面に出した名曲。加えて、ヴォーカリストMattiaによる魂の叫びとも言える歌はトム・ヨークやジェイムズ・ブレイクなどのアーティストのファンにもおすすめ。

なお「No Tears (feat. Pall Jenkins)」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Apple Music、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

No Tears (feat. Pall Jenkins)
  • 1: No Tears (feat. Pall Jenkins)

    Heathens

配信開始日:2019-03-12

Ricco Label

ジャンル: エレクトロニック / オルタナティブ / サイケデリック

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク 通常版, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora 通常版, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, replay, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク Best, レコチョク 通常版, 着信★うた♪by KONAMI

Heathens

Heathens

2012年にイタリア北部の小さな町、フェルトレにてMattiaのLorenzoのDal Pan兄弟によって開始された6人組エレクトリックミュージックバンド。同年にファーストアルバム「in Silenzio」を、2016年にはセカンドアルバム「Alpha」をリリース。まるでビートルズやビーチボーイズのような、誰でも覚えられるキャッチーなメロディー、ナイフやノーツイストからの影響を受けたエレクトリックなグルーヴ、そしてレディオヘッドやマッシヴ・アタックに代表される内省的なサウンドで賞賛を受ける。 2019年にRicco Label(日本)とShyrec(イタリア)の共同でリリースされたサードアルバム「Love Songs for Insensitive People」でも、そのオリジナリティー溢れるサウンドは引き継がれており、ストイックなまでにソリッドなエレクトリックサウンドとヴォーカリストであるMattiaによる魂の叫びとも言える感情の融合を聴く事ができる。

Heathensの他リリースはこちら(アーティストページ)