ピノキオピー、「HUMAN」を配信開始

2019.3.14

ピノキオピーが「HUMAN」を配信開始

ピノキオピーの「HUMAN」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「ニッポンの夜明け」「動物のすべて」「頓珍漢の宴」「Cryptid」「デラシネ」「祭りだヘイカモン」「羊たちの沈黙」「China Girl」「空想しょうもない日々」「ウソラセラ」を含む全20曲となっている。

動画共有サイトへの動画投稿し新曲を発表し、さらにライブ活動を絶え間なく続けてきたピノキオピー。2014年12月に2ndアルバム『しぼう』を発表以来、オリジナル・アルバムとしては2年ぶりに満を持してリリースする3rdアルバム『HUMAN』。本作は、初回仕様限定盤はCD2枚組のフルボリュームとなっている。(※通常盤はDISC1のみ)DISC1は、例えるならば邂逅編でありその言葉通り、ピノキオピーの歌声とVOCALOIDや合成音声が出会い、今までにない人間と電子の共存を成し遂げ、新たなハーモニーの形態を模索した結果をノリよく収めている。歌詞においては、新曲「動物のすべて」や「さよならHUMAN」から感じ取れる、すべての人間が感じつつも表に出しにくい心の叫びや、今年発表した人気楽曲「すきなことだけでいいです」を始めとした、ネガティブな部分を賞賛しポジティブなものへと昇華させる言葉を、シニカル且つポップな視点とエレクトロ・パンク精神から並び描かれている。もちろん、ライブで一気にフロアを沸かせる「祭りだヘイカモン」「頓珍漢の宴」なども収録される。今までにないHUMAN(人間)と電子の共存を成し遂げた快心作。DISC2(初回仕様限定盤のみ)には、超人気楽曲のリアレンジバージョンなどを収録。例えるならばこちらは開拓編であり、ライブ活動を行っていく過程で試行錯誤を繰り返し新たなスタイルを作り上げ、音の厚みやレイヤー構造、ミニマルミュージックなどを多分取り入れた、最早ライブではお馴染みのグルーヴ重視のリアレンジが収録されている。アートワークは、カイカイキキにもピックアップされ、人気のブラウザーゲーム「艦隊コレクション」で「深海棲艦 空母ヲ級」のデザインも担当している、おぐちを起用し、スタイリッシュな仕上がりとなっている。血肉(人力音声)と電子(合成音声)の融合と調和が生み出す新たなスタイルを構築し、VOCALOID史上、否、音楽史上これまでにない、ピノキオピーのシニカル・ポップな遊び心と奥底に根付いたエレクトロ・パンク精神を提示する。

なお「HUMAN」は、YouTube Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

HUMAN
  • 1: ニッポンの夜明け

    ピノキオピー

  • 2: 動物のすべて

    ピノキオピー

  • 3: 頓珍漢の宴

    ピノキオピー

  • 4: Cryptid

    ピノキオピー

  • 5: デラシネ

    ピノキオピー

  • 6: 祭りだヘイカモン

    ピノキオピー

  • 7: 羊たちの沈黙

    ピノキオピー

  • 8: China Girl

    ピノキオピー

  • 9: 空想しょうもない日々

    ピノキオピー

  • 10: ウソラセラ

    ピノキオピー

  • 11: すきなことだけでいいです

    ピノキオピー

  • 12: きみも悪い人でよかった

    ピノキオピー

  • 13: SAYONARA HUMAN

    ピノキオピー

  • 14: 1year

    ピノキオピー

  • 15: はじめまして地球人さん (HUMAN ver.)

    ピノキオピー

  • 16: からっぽのまにまに (HUMAN ver.)

    ピノキオピー

  • 17: 前夜祭のデルトロ

    ピノキオピー

  • 18: 腐れ外道とチョコレゐト (HUMAN ver.)

    ピノキオピー

  • 19: ありふれたせかいせいふく (HUMAN ver.)

    ピノキオピー

  • 20: hanauta

    ピノキオピー

配信開始日:2019-03-14

U/M/A/A

ジャンル: J-Pop / オルタナティブ

配信ストア: YouTube Music

ピノキオピー

ピノキオピー

ピノキオピーの他リリースはこちら(アーティストページ)