ライブ情報をファンへ最適に届けるアプリ Freax リリース

2019.5.13


アーティストのライブ情報をファンへ最適に届けるアプリ Freax リリース

5月13日、Spectra社は、「Freax – チケット情報見逃し防止アプリ」をリリースした。

Freaxは、ライブやフェスなどの音楽イベントに行くまでの手間を解決し、熱量の高いファンがライブやフェスに行きやすくなることを目指して開発されたアプリ。

アプリでは、Apple Musicや端末ローカルで普段聴いている音楽と連携することもでき、好きなアーティストをフォローするとライブに関するチケット情報などがプッシュ通知で情報のリマインドをしてくれたり、アプリ内でライブ情報やチケット情報が確認できる。

また、表示されるアーティストにおいて、アプリ内アーティストページ右上のSpotifyアイコンから、そのアーティストのSpotifyページへ遷移する。

現在は、1万4000アーティストに対応しており、今後も対応アーティストは追加予定で、対応チケットサイトの方は、チケットぴあ、ローチケ(ローソンチケット)、イープラス、楽天チケット、Yahoo!チケットの5つとなっておりこちらも随時更新予定とのこと。


アーティストのライブ情報をファンへ最適に届けるアプリ Freax リリース

自分の楽曲をストリーミング配信していて、ライブのチケットが各プレイガイドで発売されているアーティストは、ファンにFreaxアプリ内でのフォローを促しておくと、ライブの集客アップにつながるかもしれない。


Freax(iOS)

Spectra

この記事の執筆者

THE MAGAZINE

ストリーミング時代の中でうまれる新たな情報やアイデア、インサイト、ナレッジを、ミュージシャン/音楽アーティストおよびそのファンへ発信し、国内シーンの活性化と海外へのチャレンジをサポートするメディア ― Powered by TuneCore Japan

https://www.tunecore.co.jp/