ZOMOZ (ゾーモツ) インタビュー | オーガニック×都市的チルサウンドを鳴らす個性派クリエイター集団【Who’s NXT】

2019.8.3

要注目のup-and-comerアーティストをエディターピックアップ = Who’s NXT(next)

今回の Who’s NXT アーティストは、洗練された都市的チルサウンドでありつつ、オーガニックなテイストも感じさせる音を奏でるZOMOZ。メンバーそれぞれが個々でクリエイティブワークも行っており、アニメーションで統一されたビジュアルも目を引く彼らに話を聞いた。

 
About : ZOMOZ (ゾーモツ)


【Who’s NXT】 ZOMOZ (ゾーモツ)
ZOMOZ

【Who's NXT】 ZOMOZ (ゾーモツ)
Furoba(Vocal)

【Who’s NXT】 ZOMOZ (ゾーモツ)
SYOKEN (Guitar)

【Who’s NXT】 ZOMOZ (ゾーモツ)
koji (Keybords)

【Who’s NXT】 ZOMOZ (ゾーモツ)
NYAN-GORO (Bass)

【Who’s NXT】 ZOMOZ (ゾーモツ)
sisama (Drums)

—— ZOMOZ結成のきっかけを教えてください。

「はらわた」という曲を作るために、SYOKENが声をかけた人たちで結成されました。

一応担当する役割は決まっていますが、メンバーそれぞれ色々な楽器が出来るマルチプレイヤーだったり、自分一人で物を作れる能力がある人たちなので、やりたい事に合わせて色々な表現が出来るメンバーです。

現在は、インターネットでの活動がメインです。

 
——最新のリリースはどれになりますでしょうか?

1st mini album『Animacy』です。

一曲一曲の持つ雰囲気はわりとバラバラですが、通して聴くとZOMOZの持つ雰囲気を感じられるアルバムになっています。

ものすごく派手な曲があるわけでもなく、かといって暗い内容でもなく、ほどよく力の抜けた、繰り返し聴ける内容になっていると思います。


【Who's NXT】 ZOMOZ (ゾーモツ)
『Animacy』ジャケット

 

『Animacy』 各配信サイト : https://linkco.re/G8Qmc3ES

 
——それ以前の作品でZOMOZをより知るとすれば?

『Animacy』のリリースに先行して公開した「はらわた」と「ハクチューム」はYouTubeでアニメーションミュージックビデオが見られるので、ぜひ見てください。

はらわた / ZOMOZ

 
ハクチューム / ZOMOZ

 
——普段の音楽制作はどのようなプロセスで行っていますか?

デモの段階で各楽器のアレンジもほぼ全てSYOKENが作ってしまうこともあれば、曲の原型だけ作り、どう演奏するかは音色のチョイスも含め完全に演奏陣におまかせするというスタイルで作ることもあります。

ZOMOZは、バンドというより、楽曲制作チームという感覚でやっているので、必要であれば打ち込みも使いますし、毎回必ずメンバー全員が演奏で参加するべきだとは考えていません。

ミックスとマスタリングはSYOKENが行っていますが、メンバーに何度もチェックしてもらい、全体の意見を聞きながら進めています。

 
——楽曲制作においてはどのようなことを意識されていますか?

どんな人に聴かれるかということは想定はせず、自分たちが良いと思えるかどうか、それを判断材料にして曲作りを進めています。

分かりやすく「○○っぽい」と言われてしまうような内容を避けたり、過度に説明的な内容にならないようにしています。

世の中の流行を気にして曲を作ることはありませんが、聴く人を突き放すような分かりづらい曲をやっているつもりもなく、普遍的にポップなものを目指して作っています。

 
——ZOMOZサウンドの特徴はどんなところにあると自分たちでは思われますか?

SYOKENが作る曲は、基本的に簡素でチープな雰囲気が軸にあるのですが、その枠の中でメンバーそれぞれが持つ色々な要素が交わって、ユルいけどタイトだったり、ポップだけどつかみどころがなかったり、そういった両極の感覚のようなものが混ざり合っているのが特徴かもしれません。

 
——ZOMOZのみなさんが影響を受けたアーティストはいますか?

ZOMOZは、すでに個々の方向性がある程度定まった人たちを集めた集団なので、それぞれが影響を受けてきたミュージシャンを挙げたらキリがないのですが、共通してメンバー全員が何らかの影響を受けていると言えるのは KIRINJI だと思います。

 
——ZOMOZのみなさんがそれぞれ影響を受けた楽曲を教えてください。

Furoba :
井上陽水 – 嘘つきダイヤモンド

歌うと口の周りが気持ちいいときは、聴く側も気持ちいいと信じています。ただならぬ歌詞も好きです。

 
koji :
Ben Folds Five – Philosophy

半分立ちながら鍵盤を打楽器のように弾く姿が衝撃的でした。
殴るようなラプソディ・イン・ブルーが入るのもBen Foldsがやるとかっこいい。

 
sisama :
Ovall – Take U Somewhere

ヨレたビートと浮遊感のあるサウンドがとても気持ち良いです。

 
NYAN-GORO :
Squarepusher – Star Time 2

ベースと宅録を始めるきっかけとなったのがSquarepusherで、その中でも初めて聴いたのがこの曲でした。

 
SYOKEN :
The KLF – Elvis on the radio, steel guitar in my soul

僕はこのアルバム『Chill Out』を毎日聴いています。

 
——今後の活動、展望をお願いします。

現在は次のアルバム制作をしています。

まだ活動し始めたばかりですが、より良いものが作れるように、やりたいようにやっていきます。

また、メンバー各自がZOMOZ以外の活動もしているので、それぞれのTwitter等も見てみてください。最新情報もTwitterから発信しているので、ぜひ登録をお願いします。

 

ZOMOZ
Official Website
Twitter
Instagram
YouTube
TuneCore Japan

※各メンバーのSNSは下記より
https://www.zomoz.online/profile


ZOMOZ

この記事の執筆者

THE MAGAZINE

ストリーミング時代の中でうまれる新たな情報やアイデア、インサイト、ナレッジを、ミュージシャン/音楽アーティストおよびそのファンへ発信し、国内シーンの活性化と海外へのチャレンジをサポートするメディア ― Powered by TuneCore Japan

https://www.tunecore.co.jp/