peanut butters インタビュー | 中毒性のあるクオリティ高いインディーロックサウンドを生み出す新鋭アーティスト【Who’s NXT】

2019.10.8


【Whos NXT】peanut butters

今年5月に活動を開始したばかりというアーティスト peanut butters。まだライブ活動は行っておらず明らかになっていない部分も多いアーティストだが、インディーロックならではのサウンドワーク、性急なビート、キャッチーなメロディーといったエッセンスを中毒性のある楽曲に落とし込み、その作品はクオリティの高い楽曲をキュレートする音楽YouTubeチャンネル「tone」にもピックアップされるなど今後の展開に注目が集まっている。

Who’s NXT : A series of interviews with featured artists


 
About : peanut butters

2019年5月に活動開始。

主にThe Drumsなどインディーロックに影響を受けている。

 
——音楽に興味を持ったきっかけを教えてください。

小学生の頃に「デスノート」が好きで、その映画の主題歌がRED HOT CHILI PEPPERSで音楽に興味を持ちました。そこから色々と聴いていった感じです。

 
——peanut buttersどのようにしてスタートしたのでしょうか?

曲は昔から作っていたのですが、人前に出すのが恥ずかしくてずっと1人でやってたんですけど、「25歳になるまでには何か出さなきゃ」って思っていて意を決して、peanut buttersを始めました!

 
——現在どの辺りを中心に活動していますか?

まだライブなどしていませんが、都内中心に活動予定です。

 
——最新作と、その収録曲について教えてください。

今年の7月末に3曲入りのEP『Peanut Butter』をリリースしました。

6月にAno(t)raksの小笠原さんからサブスクで配信してみないかとお話をいただいて出した初のEPです。普段使っているApple MusicやSpotifyとかに僕が家で作った曲があるのは何か変な感じですが嬉しいです。

EP『Peanut Butter』 各配信ストア : https://linkco.re/6gAQaZvz

 
収録曲について、1曲目の「夕方から」は、ダサいペナペナなリフからどんどん展開していく感じで一番サクッとできた曲です。EPに入っている曲は全部僕のSoundCloudに先に上げてたやつで、出した時に一番反響があったので、サブスクのお話が来た当初はPeanut butterがリード曲の予定でしたが、小笠原さんにお願いして「夕方から」にしてもらいました。3曲目の「夕方5時」の続きの曲でもあります。

 
次の「Peanut butter」は、「夕方5時」を作った後にできた曲で、「夕方5時」がボーカル、ギター、ベース、ドラムという少ない構成だったので、音をたくさん入れようと思って、シンセとか色々入れました。ただ当時できていた曲の中で「ズ」をつけて一番バンドの名前ぽかったというだけですが、バンド名の由来にもなっています。ちなみにオレンジページさんの料理動画のBGMに使っていただきました。

 
最後の「夕方5時」はpeanut buttersとしてはじめてできた曲で、ネットにはじめて出した曲です。当時好きだった人に送った曲で、思い入れがある曲です。最初はコード弾き主体だったのですが、The Drumsに超ハマっていて「時代は単音弾きだ!」ってなって作り直して今の形になりました。

 
ちなみに、僕のSoundCloudに他にも曲を上げているので、ぜひ聴いてみてください!

 
——楽曲の制作はどのようにされていますか?

まずiPhoneのボイスメモに適当にギター弾きながら歌ってみて、そこから良くできたやつをLogicに入れて、ちゃんと作っていく感じです。

 
——peanut buttersが影響を受けたアーティストは?

Red Hot Chili Peppers
音楽を聴き始めたきっかけです! レッチリの曲を聴いてギターかベースやってみたいってなって、最初ベースのフリーがかっこよくてベースにしようと思ってたんですけど、楽器屋の人にギターはある程度ヘロヘロでもいいけど、ベースはリズムずれたらダメだよって言われて怖くなってギターにしました。

Weezer
Weezerは最初Green albumから聴いたんですけど、当時レッチリのジョンフルシアンテがBOSSのDs-2を使っていたので、僕も買って持っていて、Weezerのライブ動画見た時にRivers Cuomoも使っていてなんか嬉しくなってずっと聴いてたらハマった感じです。ちなみに僕の曲は全部半音下げなのですが、それはWeezerの曲が基本半音下げで、Weezerの曲をコピーしてそのままだったからです。

POLYSICS
高校の頃超ハマって今の4人になるまでのシングルアルバムは全部持ってます! 高校当時はクラスに友達がいなかったので、机に寝たふりしてずっと聴いてました。POLYSICSがバンドスコアを出していなく、耳コピするしかなくてそれでめっちゃコピーしたおかげでけっこう耳コピできるようになりました。ちなみに初めてコピーしたのは「Pretty Good」という曲でした。

The Drums
WeezerがWhite albumを出した時に、何かビーチボーイズっぽくてその流れでサーフロックみたいなのを聴いていったらThe Drumsにたどり着いたって感じです。今まで僕はギターは歪んでなきゃダメだと思っていたんですけど、その時リバーブのかかったペナペナのギターがすごく新鮮に感じて、ライブ動画を見たらJonny PierceとJacob Grahamの変な動きが超衝撃的で、色々見ていくうちに気づいたら超ハマっていました。

 
——その他、楽曲でいうとどういった曲に影響を受けましたか?

The Drums – Blood Under My Belt

The Drumsにハマった時にちょうどリリースされた曲で、これで超超好きになりました。MVもThe Drumsの中で一番好きです。この曲を初めて聴いた日、頭が痛かったんですけど、聴いたら頭痛が治りました。

 
The Drums – Forever And Ever Amen

The Drumsの1stの中で一番好きなのが、この曲か「Book of Stories」です。歌詞もとても素敵です。The Drumsは「夏の〜」みたいな感じでよく紹介されますが、僕にとってなぜか冬のイメージなんです。

 
The Drums – What You Were

音数少なくペナペナで速くてかっこいい曲!僕はThe Drumsのアルバムの中で『Portamento』が一番好きです。The DrumsのYouTubeチャンネルに上がっているモノクロのスタジオライブ”Visiomento”がかなりかっこいいのでオススメです。

 
The Drums – I Can’t Save Your Life

『How It Ended』のシングルのカップリング曲で、なんでアルバムに入ってないんだ?ってくらい良い曲です。

 
The Drums – When I Come Home

この曲は1stのiTunesボーナストラックで、なんでアルバムに入っていないんだ?ってくらい良い曲です。

 
The Drums – Break My Heart

『Encyclopedia』に入っている曲は、綺麗な曲が多くて冬に散歩する時にオススメです。Jacob Grahamのシンセの音作り、センスが特に冴え渡っているアルバムだと思います。

 
The Drums – Saddest Summer

速くてポップでペナペナでめっちゃ好きな曲です!2010年くらいの初期のライブの時の動きが超面白いので、ぜひ見て欲しいです!

 
Goat Explosion – Come On, Make Me Feel

The Drumsの前身バンドの一つで、ジャンルはシンセポップだと思いますが、これがもう本当にものすごい良いです。もっと多くの人に聴かれるべき曲だと思います。

 
Elkland – Dr. Disco

これもThe Drumsの前身バンドの一つなのですが、これまたとてもいい曲なのでぜひ聴いて欲しいです。

 
The Drums – Nervous

アコギでゆっくりの曲って飛ばしちゃうことが多いのですが、この曲はすごく好きです。雨降りの時に聴きたい曲です。

 
——音楽を作る上で、心がけていることはありますか?

ポップなメロディにすることを心がけています。そうしないとまず自分が作っていて飽きちゃうからってのがあるのですが…。

 
——活動をするにおいて、リスペクト、あるいは共感するアーティストはいますか?

僕のバンド(ライブ?)メンバーです。今はまだ秘密なんですけど、みんな本当にすごい才能がある人ばかりです。一緒にやってくれる事がビックリですし、とてもとてもとても嬉しいです!!!

 
——今後の活動の展望や予定は?

曲はもちろんライブをしようと思っています!メンバーはほぼ決まったのですが、みんなが今年けっこうライブなど色々入っていているので1、2回できたらいいなくらいです。なので来年本格的に活動予定です!

 

peanut butters
Twitter
Instagram
YouTube
SoundCloud
TuneCore Japan


peanut butters インタビュー | 中毒性のあるクオリティ高いインディーロックサウンドを生み出す新鋭アーティスト

この記事の執筆者

THE MAGAZINE

ストリーミング時代の中でうまれる新たな情報やアイデア、インサイト、ナレッジを、ミュージシャン/音楽アーティストおよびそのファンへ発信し、国内シーンの活性化と海外へのチャレンジをサポートするメディア ― Powered by TuneCore Japan

https://www.tunecore.co.jp/