nate インタビュー |「出来るだけ音楽の上では飾らずにありのままで居たい」サンクラ発、急速に注目を集める話題のフィメールラッパー【Who’s NXT】

2019.11.5


nate インタビュー

北海道出身で、現在は関東を中心に活動するフィメールラッパーnate。2018年後半にSoundCloudで配信した「fly」が下記本文中でも本人が語るように国内をはじめ各方面で注目を集める。サンクラをメインフィールドとしコンスタントに楽曲を発信し続け、素顔を見せないミステリアスな雰囲気とそれに相反するSNS上でのファニーなキャラクター、そして楽曲のクオリティと音楽への真摯なスタンスがあわさり、nate独自のサウンドと世界観を確立。今後の活躍が高く期待される新世代アーティストとして話題のnateに話を聞いた。

Who’s NXT : A series of interviews with featured artists


nate(ナテ)

北海道出身、関東を中心に活動しているフィメールラッパー“nate”。国内、海外、様々なジャンルの音楽に影響され繊細なメロディーやフロウでラップをすることで現在のスタイルを確立する。

2019年2月に1st EP『an evanescent life』をFREE DLにてリリースし、その反響は日本だけに留まらず各国のアーティストからも注目されるようになる。 その後もストイックに音楽活動を続け、SoundCloudで総再生回数約15万回を記録する他、シラフ知らズ / LEAP / RICK NOVA / 堂村璃羽 / uyuni / ハハノシキュウ / tip jam / noma など現在注目されているアーティストの楽曲を手がけるTrack maker“KUVIZM”とコラボした楽曲「Round Trip」を同年7月に各配信ストア、ストリーミングサービスにてリリースしている。

現在注目を浴びつつあるフィメールラッパーnate、2019年11月1日には、各配信ストア、ストリーミングにて2nd EP『dawn light』をリリース。全6曲、新収録楽曲でフィーチャリングにLil Chill,shitai,kei jolnoらが参加するなど、エンターテインメント要素が存分に組み込まれた作品となっている。

——はじめにnateさんが音楽に興味を持ったきっかけを教えてください。

5歳頃からクラシックバレエをやっていて、その頃から音楽に触れる機会はありました。中学生くらいにダンスつながりでPerfumeに興味を持って、気付いたときには踊りも楽曲もPerfumeの全部が大好きになっていました。そこから、ダンスミュージックにハマっていった感じです。

——どういった経緯で自分でも音楽をやるようになったんですか?

高校生になって、インターネットでプロの方だけでなく趣味で色んな人が音楽を公開してるのを見たり、聞いたりして自分でもやってみたいなーっていうけっこう適当な理由です(笑)。

——現在、どういったシーンを活動のメインとしていますか?

主軸はインターネットというかほぼSoundCloudなんですけど、最近では曲を聴いてくださった方々がライブやDJイベントに誘ってくださったりもしてます。

——最新作とその聴きどころをご紹介ください。

先日11月1日に『dawn light』ってEPを出したんですけど、このEPは全体のコンセプトを決めてから全曲作りました。今回は、夜〜明け方にかけての日常って感じです。深夜から明け方にかけてって1番考えさせられる時間だし、不安になるし、いろんな感情になると思って、それらに寄り添える曲たちになればいいなと思って作りました。

また、客演で呼ばせて頂いたLil Chill、shitai、kei jolnoの3人は、私にはできないことをしていて、一緒に曲を作ったら新しい刺激を受けて制作できるかなと。なにより、彼らの音楽が好きなのでお声がけさせてもらいました。好きな部分はあげきれないので割愛しますけど、是非聴いて感じてもらえたらなと思います。


nate インタビュー

EP『dawn light』 各配信ストア : https://linkco.re/nZmHN8Ta

——その他に、nateさんを知る上でおすすめの楽曲をあげるなら?

何曲か配信させて頂いてるんですけど、自分が一番思い入れのある楽曲は「fly」ですね。ありがたいことにこの曲がきっかけで、色んな人に自分の音楽を聴いてもらえることが目に見えるほどに増えた気がします。制作時間は短かったんですけど、自分の中でツボを抑えるような言い回しが出来たって印象が強くて、この曲から制作について考え方とかも変わりました。


nate インタビュー

「fly」 各配信ストア : https://linkco.re/XGfNAQaN

——楽曲の制作はどのようにされていますか?

制作は宅レコで、布団のすぐ側にレコーディングするスペースを作ってます。寝て起きてすぐ作業が出来るんですよね。ほぼ毎日のように、起きたらPCに向かってDAWをとりあえず開くみたいな生活です。

——まだnateさんを知らない人に、ご自身の特徴を伝えるなら?

自分ではそんな意識しているつもりはないですが“kawaiipop”って言われることがあるんですけど、リリックとかは全然可愛らしくなくて、むしろネガティブだしひねくれてます。だから激しい曲を作ることは少なくて、落ち着いて聴けるような曲が多いのが特徴かな、って感じです。

——nateさんが影響を受けたアーティストを教えてください。

やっぱりPerfumeですね。中田ヤスタカさんが作る音楽は基本的に自分のルーツになっていたりします。

——楽曲では、どういう曲に影響を受けましたか?

yourbeagle – Let’s $ing! (feat. Leellamarz)

韓国のアーティストの方なんですけど、メロディーラインとかがすごく好きで、彼女の可愛くてキャッチーなサイドキックに影響されて、自分でも意識して作ることが増えました。

BPM15Q – 『BPM15Q!』

私が一番好きなアイドルの曲です。にかもきゅさんが書く歌詞が自分にすごく刺さるし言葉選びが好きで、そういう点も踏まえて影響を受けました。

shinigami – nobody

バレエをやっていたから3拍子がやっぱり好きで、この曲はオルタナティブな感じもしてて珍しいなって…よく聴いてます。

中村さんそ – わがままが言い足りない

中村さんそさんの曲は全部好きなんですけど、この曲は自分も大好きでRemixもやらせてもらいました。

——nateさんは音楽活動をするにあたって、何か特に意識していることはありますか?

出来るだけ音楽の上では飾らずにありのままで居たいって思っています。


nate インタビュー

——今の音楽を取り巻く状況について何か思うことはありますか?

少し前まではテレビやCDとかでしか音楽と触れ合える機会って少なかったと思うんですけど、今はストリーミングやYouTube、SNSを通して色んな媒体で新しい音楽、自分が本当に好きな音楽を見つけやすくなっている気がします。

——最後に、今後の活動の展望や予定を教えてください。

いい音楽を作れてる自信はあるので、あとは今よりもっと色んな人に聴いて貰えるような環境を自分の周りの人や協力して頂いてる人と作り出していけたらな、と思います。

 

nate
SoundCloud
Twitter
Instagram
YouTube
TuneCore Japan


nate インタビュー |「出来るだけ音楽の上では飾らずにありのままで居たい」サンクラ発、急速に注目を集める話題のフィメールラッパー【Who's NXT】

この記事の執筆者

THE MAGAZINE

ストリーミング時代の中でうまれる新たな情報やアイデア、インサイト、ナレッジを、ミュージシャン/音楽アーティストおよびそのファンへ発信し、国内シーンの活性化と海外へのチャレンジをサポートするメディア ― Powered by TuneCore Japan

https://www.tunecore.co.jp/