Ryuki インタビュー | 初リリース曲「僕の横で眠るキミが」が早くもチャート上昇中、札幌発の現役大学生シンガーソングライター【Who’s NXT】

2020.10.28


Ryuki インタビュー

Ryuki

1999生まれ、札幌出身の現役大学生シンガーソングライター。

初のリリース「僕の横で眠るキミが」がLINE MUSICのソングランキングでTOP10に入り、Apple Musicの人気プレイリスト”ピュア・ロマンス”にも選出されるなど、等身大の歌詞と胸に迫る歌声でリスナーを着実に増やしている。

Who’s NXT : A series of interviews with featured artists


——はじめにRyukiさんが音楽に興味を持ったきっかけを教えてください。

自分の覚えている限りでは、幼い頃、木梨憲武さんのマイケル・ジャクソンのモノマネをみて、そこからマイケル・ジャクソンの歌を歌っていたところからかなと……

 
——どういった経緯で自分でも音楽をやるようになったのですか?

友人からとあるイベントで歌うきっかけをいただいたところからです。

 
——現在どの辺りを中心に活動していますか?

現在は北海道の札幌市を中心に活動しております。

 
——最新作とそのご紹介をお願いします。

10月12日にリリースした1stデジタルEPの『僕の横で眠るキミが』は、素直な歌詞と人間の感性的な部分を紐解いた作品になっています。

「僕の横で眠るキミが」は、恋愛に限らず、様々な出会いに対して短所だけを見つめるのではなく、長所をみて感謝をする気持ちを語った楽曲になっています。

カップリングとして収録されている「mirror」は、少し複雑で…… 今出会った人は自分を写す鏡だと僕は思っています。しかし、求める理想は高かったり。そんな気持ちを理解してても抗えない感情を恋愛模様で表現した楽曲です。


Ryuki「僕の横で眠るキミが」

『僕の横で眠るキミが』 各配信ストア : https://linkco.re/VS7A5rrC

 
——10月5日に公開された「僕の横で眠るキミが」のミュージック・ビデオも順調に再生数が伸びていますね。

「僕の横で眠るキミが」のミュージック・ビデオは、自分でもかなり気に入っていて(笑)。最後の、雨が降っているシーンなのですが予定外の雨の量だったので、ずぶ濡れになりながらも、楽しい撮影だったのを覚えています。

 
——普段、楽曲の制作はどのようにされていますか?

歌詞を書いてそれにメロディーをiPhoneのボイスメモに録音してってことが多いですね。後は、歌詞も書かずに急に歌ったのを録音したり…… はじめはかなり雑で、そこから自分で気にいるまで形づけていきます。

 
——シンガーソングライターとして、ご自身ではどんな特徴があると思いますか?

自分は結構物事を難しく考えすぎる性格で結構めんどくさいんです…… しかも考え始めたらなかなか止まらないタイプで。そんな自分から何か少しでも、音楽や生きる姿勢を通して、誰かがどんな方何でもいいから一歩進んでもらえるような歌を、そんな思いを持って音楽をしています。

 
——Ryukiさんが影響を受けたアーティストは?

ジャスティン・ビーバーさんと清水翔太さんです。

 
——楽曲でいうとどういう曲に影響を受けましたか?

清水翔太さんの「Sorry」は唯一無二ですね。

 
——音楽活動をする上で、何か心がけていることはありますか?

音楽を表現することってその人自身が丸裸になると思うんです。性格も、価値観も。だから、そんな自分自身を磨くというか、理想の自分像に向かって毎日生きるように心がけています。

 

Ryuki
Instagram
Twitter
YouTube
TikTok

この記事の執筆者

THE MAGAZINE

ストリーミング時代の中でうまれる新たな情報やアイデア、インサイト、ナレッジを、ミュージシャン/音楽アーティストおよびそのファンへ発信し、国内シーンの活性化と海外へのチャレンジをサポートするメディア ― Powered by TuneCore Japan

https://www.tunecore.co.jp/