HAIIRO DE ROSSI、「Flower (Memorial Edit)」を配信開始

2020.11.22

HAIIRO DE ROSSIが「Flower (Memorial Edit)」を配信開始

HAIIRO DE ROSSIの「Flower (Memorial Edit)」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Flower (Memorial Edit)」となっている。

HAIIRO DE ROSSIのキャリア初のワンマンライブでのアンコールの後、最後にリリースされたアルバム「HAIIRO DE ROSSI」から、愛する娘に宛てたDJ Mitsu the Beatsプロデュースの楽曲「Flower」がスペシャルバージョンとしてリリース! ファーストアルバムからの軌跡をたどるような感動のアレンジ!

なお「Flower (Memorial Edit)」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

Flower (Memorial Edit)
  • 1: Flower (Memorial Edit)

    HAIIRO DE ROSSI

配信開始日:2020-11-22

forte

ジャンル: オルタナティブ / ジャズ / ヒップホップ/ラップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

HAIIRO DE ROSSI

HAIIRO DE ROSSI

HIPHOPアーティストHAIIRO DE ROSSIとして活動。 21歳の若さでSlye Recordsからデビューし、二枚のシングル、二枚のスタジオアルバムを経て独立。(レコードやシングル、客演等のディスコグラフィは100曲を越える)独立後に発表した3枚目のアルバム『 forte』がHIPHOP界のみならず賞賛を得た。また尖閣諸島の問題について発表した曲や震災後の復興支援で使われた曲等はYahoo!ニュース等で取り上げられ、文化雑誌等からの オファーも相次ぎ、活動家としての一面も併せ持つ。 その後体調不良による約二年半の活動休止を経て2014年5月に復帰作として発売したシングルがオリコンインディーズチャート9位を記録。 同年11月末に発売された最新アルバムも各媒体で高い評価を得た。その後、日本人に向けた別名義でのプロジェクトを経て、2019年に6thアルバムを発売。自身のアパレルブランドなどの展開も活発で、着実にファンを増やしながら現在もハイペースで制作継続中。2020年8月5日に自身初となるセルフタイトル7thアルバム『HAIIRO DE ROSSI』を発売。

HAIIRO DE ROSSIの他リリースはこちら(アーティストページ)