Meik、「It’s Time」を配信開始

2019.3.23

Meikが「It's Time」を配信開始

Meikの「It's Time」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「It's Time」となっている。

「It’s Time」ではMeikのソロデビュー前から支える、90年代後半より活躍する音楽プロデューサーのpal@popを起用している。 近年はKen Takano名義でオランダのFuture House系世界最大レーベル「Future House Music」と契約し、 1001tracklistのニューカマーチャートで第1位獲得し、HARDWELL、OLIVER HELDENS、BROOKS、NICKEY ROMEO、MIKE WILLIAMS、 LUCAS & STEVEなどのトップDJ達からも続々とサポートされている、彼の久しぶりのポップマエストロとしてのワークが光る。

なお「It's Time」は、iTunes、Spotifyなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

It
  • 1: It's Time

    Meik

配信開始日:2019-03-21

POWERPLAY MUSIC

ジャンル: ダンス / ポップ

配信ストア: iTunes, Spotify

Meik

Meik

キッズダンサー時代からHIP HOPダンサーとしての実力はトップレベルを誇り、 小学4年生でEXPG最年少特待生でもあり、数多くの雑誌やメディアでも取り上げられ、 デビュー前から多くのトップアーティストのコンサート、MVに出演していた。 13年にソニーレコーズより 4人組ダンスボーカルグループJ☆Dee’Zのメンバーとしてメジャーデビューし、 16年11月にグループを卒業。 17年7月26日にミニアルバム「Make It Happen」(ユニバーサルミュージック)を リリースしソロデビュー。 Meikの特徴的なハスキーな歌声と、幼少期から鍛えられたダンス、 圧倒的なステージパフォーマンスを武器に、 デビュー以来数多くのステージに立ち、昨年は地元静岡のロックフェス「マグロック」に初出演した。 Meikいわく「ライブになると別人格になる、違う自分が降りてくる、ライブ大好き!」と語る。 ソロデビュー後ですでに5度のワンマンライブを行い、昨年12月21日には渋谷Club asiaでのワンマンライブを行い、 大成功に納めた。

Meikの他リリースはこちら(アーティストページ)