天道 清貴、「想い出のクリスマス」を配信開始

2020.11.22

天道 清貴が「想い出のクリスマス」を配信開始

天道 清貴の「想い出のクリスマス」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「想い出のクリスマス」となっている。

大切な人の幸せを願う、心温まる感動のクリスマス・ラブストーリー。 まるで一本の映画を見ているかの様に情景が浮かぶ、清貴のストーリーテラーとしての才覚を遺憾なく発揮した作品。"クリスマスに息を切らし 君に会いに行ったあの冬 少し背伸びして選んだ プレゼントを抱えて”そんないつかのクリスマスから何年かたった今、離れていてもその人の幸せをそっと願う。本当に誰かを好きになったことがある人なら、誰もが共感できる曲になっている。そして清貴の切なくもぬくもりのある、包み込むような優しい声が遠く離れた大切な人を思い出させる。 サウンドはボストン在住で、玉置浩二はじめ、多くの有名アーティストのオーケストラ編曲などを手がける岩城直也氏の珠玉のストリングスアレンジと、三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE、GENERATIONS、THE RAMPAGE、K-POPアーティストを数々手がけるYVES&ADAMSの最先端のビートメイクが奇跡的に融合して、懐かしさと新しさが共存する唯一無二のサウンドとなっている。 カバーアートは「虹の向こうへ」に引き続き、「NINETEEN 19」「ホットマン」のきたがわ翔氏が担当。幾重もの音で編まれたクリスマス・ラブストーリーを真骨頂である”カケアミ技法"で見事に視覚的に訴えるアート作品に昇華している。 この季節の定番になっていきそうなクリスマスソングだ。

なお「想い出のクリスマス」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

想い出のクリスマス
  • 1: 想い出のクリスマス

    天道 清貴

配信開始日:2020-11-22

WE ARE ONE Records

ジャンル: J-Pop / R&B/Soul / ホリデー

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク ハイレゾ版, dミュージック月額コース, e-onkyo music, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, mora ハイレゾ版, Music Store powered by レコチョク, Music Store powered by レコチョク ハイレゾ, music.jp STORE, music.jp STORE ハイレゾ版, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, OTOTOY ハイレゾ版, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ひかりTVミュージックアラカルトサービス ハイレゾ, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, レコチョク ハイレゾ版, 着信★うた♪by KONAMI

天道 清貴

天道 清貴

歌の伝道師/シンガーソングライター みやぎ絆大使。高校在学中に「No No No」でメジャーデビュー。2001年「The Only One」が40万枚のヒットを記録し、全国有線放送大賞新人賞を受賞。その後2010年から2015年までアメリカを拠点に活動し、毎週ゴスペルを歌いながらコンサート活動を行う。2010年全米最大のゴスペルの祭典、「McDonald's Gospel fest 2010」で日本人クワイアのソリストとして優勝、アポロシアターゲスト出演、極真空手の世界大会で3年連続アメリカ国歌斉唱などの実績を残す。 日本帰国後、MISIAにキリンの「世界のKitchenから」シリーズテーマソング「あなたにスマイル」を楽曲提供するなど活動の幅を広げ、自身の楽曲「無限大∞」「MY VICTORY」がそれぞれ2016年リオパラリンピック、2018年平昌パラリンピックのフジテレビ系テーマソングとなる。パラアスリートを応援するフジテレビ「PARA☆DO」のテーマソングとしても2019年までの3年間使用された。 音楽を通してLGBTや障がいがある方など、社会で生きづらさを抱えている人たちを応援する様々な活動を始め、学校や児童館、社会福祉施設などをまわり、歌で愛を届けている。

天道 清貴の他リリースはこちら(アーティストページ)