Ryo-w2、「イマダケハ」を配信開始

2020.12.15

Ryo-w2が「イマダケハ」を配信開始

Ryo-w2の「イマダケハ」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「イマダケハ」となっている。

なお「イマダケハ」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

イマダケハ
  • 1: イマダケハ

    Ryo-w2

配信開始日:2020-12-15

REP 2 RECORDS

ジャンル: ヒップホップ/ラップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

Ryo-w2

Ryo-w2

Ryo-w2 (リョウリョウ)

#宇都宮から全国へ
このキーワードと共に全国各地へ
その名と活動域を広げるラッパー
『Ryo-w2』
若干16歳にして数々のHIPHOPイベントに出演、当時からそのLIVEパフォーマンスは話題を呼び瞬く間に県外へとその名を広げ
2010年よりラッパーとしてのキャリアを
本格的に開始。
まさに飛ぶ鳥を落とす勢いだったが
2012年 突然の活動休止を発表
約三年の沈黙を破り
2015年 自身初のフルアルバム
『I'm Proud』を発売。
先行配信、MVを公開と同時に話題を呼び
初回プレス分を即、完売。

Ryo-w2の持ち味は何と言ってもLIVE。
勢いのある独特のフロウを武器に
一瞬にして会場の雰囲気を変え
Ryo-w2の世界観へと観客を引き込む
名曲『道』などでは、
シンガーフロウも使い分け
観客の胸に響くLIVEをする。

そのLIVEがまた、各地で話題を呼び
全国各地でLIVEをこなす。

更にREP 2 RECORDSを立ち上げ
レーベル代表としてもマルチな才能を発揮している。

#宇都宮から全国へ を実現させ
その次のステージへと突き進むRyo-w2の動きに今後も目が離せない。

Ryo-w2の他リリースはこちら(アーティストページ)