Kohei Umeshita、「Sunset To Moonrise」を配信開始

2020.12.22

Kohei Umeshitaが「Sunset To Moonrise」を配信開始

Kohei Umeshitaの「Sunset To Moonrise」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Sunset To Moonrise」となっている。

10代最後の年の夏のある日に見た、普段見慣れたハズの綺麗な夕日のオレンジから夜が近づきに次第に現れてくる月と言う情景に何か感じる物があり、これを何かを残したいと思い、トランスミュージックで表現したのがこの「Sunset To Moonrise」である。

なお「Sunset To Moonrise」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

Sunset To Moonrise
  • 1: Sunset To Moonrise

    Kohei Umeshita

配信開始日:2020-12-22

Mind Illusion Digital Infected

ジャンル: ダンス / テクノ / トランス

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

Kohei Umeshita

Kohei Umeshita

ジュリアナ、レイヴテクノの影響を受けクラブミュージックに目覚める。そして第三次パラパラブーム真っ只中であった中学時代にユーロビート専門のクラブDJを志すと同時にPCの音声処理能力に可能性や魅力を感じ始める。そしてPCを使った多重録音を思いつき、CDなどから音をサンプリングして組み換えたり、手元にあったYAMAHA PSRなどを使った音のチョイ足しなど音楽制作の基礎となる部分をそれと気付かずに遊びで始めていた。気付いたらデジタルミュージックの魔力に取り付かれていき、その後、高校に入ってからはソフトMIDI音源やシンセサイザーを扱うようになって、環境が進歩すると同時にそのノウハウを理解し始め、本格的に作曲やリミックスなどの音楽制作を始める。高校時代は主にレイヴ系やユーロビート、ダンスポップなどの影響を受けた4つ打ちの曲からデジタルサウンドを多様したポップなどの明るい曲などジャンルレスで独創的な音楽を展開していた。専門学生になり、更に環境が飛躍的に進歩すると、今度は各種テクノやエピックトランスをメインとし、クラブミュージック専門に完全シフトする。同時に某電話会社が主催するクリエイターズカップを皮切りに数々のクリエイターコンテストに出場するようになり、TV出演なども経験する。
また、その頃から本格的にクラブなどの現場で活動を開始するなど精力的にその活動を展開している。

Kohei Umeshitaの他リリースはこちら(アーティストページ)