Mamana、「mid seventeen」を配信開始

2021.1.29

Mamanaが「mid seventeen」を配信開始

Mamanaの「mid seventeen」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「mid seventeen」となっている。

新曲「mid seventeen」は90年代のパンク要素を取り入れたサウンドメイク! Mamanaは2年前に活動をスタートさせてからこれまでコンスタントなリリースと、それに伴ったプロモーションやジャケットのアートワーク、映像の編集など制作ね大部分をMamana自身で行ってきた。 その中で一貫として当初からテーマに掲げてきたことがある。それは "90年代" だ。これはMamana自身が90年代生まれであり、その時代の音楽やアートなどに強く影響を受けており、90年代のエッセンスを受け継いでいるという理由もある。新曲を作る度に「現代×90年代」というサウンドをいかに表現できるか試行錯誤を重ねてきた。今作の新曲「mid seventeen」もまたそうである。2021年のMamanaの新しい指標ともいえる新曲が完成した。サウンド面においてもクリアな音質のものを敢えてダーティに加工するなどして、新しいアプローチに挑戦した。またMamanaが自分自身と向き合ったときに感じた、「大人だけど子供」という感覚をMamanaなりに表現した歌詞にもぜひ注目して欲しい作品となった。

なお「mid seventeen」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。
各配信サービス:mid seventeen

mid seventeen
  • 1: mid seventeen

    Mamana

配信開始日:2021-01-29

ジャンル: オルタナティブ / パンク / ロック

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク ハイレゾ版, dミュージック月額コース, e-onkyo music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, mora ハイレゾ版, Music Store powered by レコチョク, Music Store powered by レコチョク ハイレゾ, music.jp STORE, music.jp STORE ハイレゾ版, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, OTOTOY ハイレゾ版, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ひかりTVミュージックアラカルトサービス ハイレゾ, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, レコチョク ハイレゾ版, 着信★うた♪by KONAMI

Mamana

Mamana

Mamana (ままな)
1992年生まれ。サステナブルソロシンガー。
2019年より「Mamana」として活動開始。楽曲の歌詞のみならずジャケットデザインやMV制作も手がけマルチな才能を発揮している。2019年、1st ミニアルバム「Edison」の収録曲「Paradise」がSpotifyの公式プレイリスト「New Music Friday Japan」「Edge!」「She Rocks」「.ORG」に入り、注目を集める。また、2020年はシングル5枚、EP1枚、アルバム1枚をリリースした。今後も更なる飛躍が期待される。

Mamanaの他のリリース:Mamana