GO、「CRUNCH TiME」を配信開始

2021.2.11

GOが「CRUNCH TiME」を配信開始

GOの「CRUNCH TiME」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「CRUNCH TiME」となっている。

もともとはDrum solo用に打ち込みで作った音源を、生楽器で全て再レコーディング。シンセも豪華にRemix、Remastering。 ドラムはYouTubeの撮影と同時の1発録りで再現している。

なお「CRUNCH TiME」は、iTunes、Amazon Music、レコチョク、dミュージック powered by レコチョク、dヒッツ powered by レコチョクなどの音楽配信サービスで聴くことができる。
各配信サービス:CRUNCH TiME

CRUNCH TiME
  • 1: CRUNCH TiME

    GO

配信開始日:2021-02-11

GUAVA CRUNCH

ジャンル: インストゥメンタル / エレクトロニック / ロック

配信ストア: Amazon Music, animelo mix, CLUB ZION, DE-LUXE, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, iTunes, K-POP Life, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, REGGAE ZION, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, 着信★うた♪by KONAMI

GO

GO

SUNS OWL、sads、Zigokuquartettoのドラマーで、教則本人気シリーズ『地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズ』のドラム版著者。

1994年に自身のバンド『SUNS OWL』を結成。

世界中で多くのメタルファンより支持を受けPANTERAやSLAYER等とも共演。

音楽専門学校MI JAPANの講師を務めながら、過去にはK-1選手の魔裟斗、プロレスリングNOAHの小橋健太の入場テーマソングの制作や、高崎晃(LOUDNESS)、LOUDNESS、B’z、より子、OLIVIA、栄喜(ex.SIAM SHADE)、上杉昇(ex.WANDS)、黒夢、清春等、ドラマーとして多数の現場でプレイ

GOの他のリリース:GO