RETRO FUTUREが「Prototype City」を配信開始

2019.5.8

RETRO FUTUREが「Prototype City」を配信開始

RETRO FUTUREの「Prototype City」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Prototype City」「Lost voice」「atmosphere」となっている。

プログレッシブ、EDMをクロスオーバーさせた攻撃的な楽曲から、叙情的なバラード楽曲を含む多様性に満ちた3曲を収録。 インスト曲ながら、錬成されたサウンドと波のある展開で心を打つ、渾身の2ndシングル!

なお「Prototype City」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Apple Music、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

Prototype City
  • 1: Prototype City

    RETRO FUTURE

  • 2: Lost voice

    RETRO FUTURE

  • 3: atmosphere

    RETRO FUTURE

配信開始日:2019-05-08

Cat foot Records

ジャンル: インストゥメンタル / エレクトロニック / ヘビーメタル

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク 通常版, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora 通常版, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, replay, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク Best, レコチョク 通常版, 着信★うた♪by KONAMI

RETRO FUTURE

RETRO FUTURE

EDMとプログレッシブメタルを融合させた、デジタルプログレッシブバンド。 HOTLINEにて北海道エリアファイナルに2度選出、全国の音源審査コンテスト(録れコン)にて最終選考ノミネート作品及び店舗優秀賞に選出される。 レコーディング・ミックス・マスタリングなど全ての工程を自分達で行い、 メジャーアーティストのEDMリミックスバージョンの編曲なども担当している。 ドラムの小島快之はほぼ全ての楽曲の作詞・作曲・編曲を手掛け、 またメジャーアーティストのサポートやセッションに参加。 キーボードの中村未央は同期の打ち込みを担当する他、元DREAM THEATERのキーボーディストである デレクシェリニアンからオンラインで直接レッスンを受ける。 また、Sons Of Apollo公式ページにて紹介された。

RETRO FUTUREの他リリースはこちら(アーティストページ)