加藤喜一、「It’s not the spotlight (Japanese lyrics version) [Hi-Res]」を配信開始

2021.5.8

加藤喜一が「It's not the spotlight (Japanese lyrics version) [Hi-Res]」を配信開始

加藤喜一の「It's not the spotlight (Japanese lyrics version) [Hi-Res]」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「It's not the spotlight (Japanese lyrics version) [Hi-Res]」となっている。

1973年にGerald Goffin, Barry Joseph Goldbergの共作で発表された名曲It's not the spotlightを新たな日本語訳でカバーしました。訳詞はコーラス参加もしている鎌倉Bar RAMオーナーのramken。 世界を覆うコロナ禍の中、2020年春にレコーディングされた元SALLY・加藤喜一最新のトラックです。Mixは伴野滋彦、マスタリングは蛎崎広征。満を持してのリリースです。ハイレゾ24bit96Khzヴァージョンです。

なお「It's not the spotlight (Japanese lyrics version) [Hi-Res]」は、Spotify、dミュージック月額コース、ひかりTVミュージック、レコチョク Best、dミュージック powered by レコチョク ハイレゾ版などの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

It
  • 1: It's not the spotlight (Japanese lyrics version) [Hi-Res]

    加藤喜一

配信開始日:2021-05-08

MORE THAN THIS

ジャンル: J-Pop / ブルース / ロック

配信ストア: dミュージック powered by レコチョク ハイレゾ版, dミュージック月額コース, e-onkyo music, mora ハイレゾ版, Music Store powered by レコチョク ハイレゾ, music.jp STORE ハイレゾ版, OTOTOY ハイレゾ版, Spotify, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス ハイレゾ, レコチョク Best, レコチョク ハイレゾ版

加藤喜一

加藤喜一

1984年「バージンブルー」/SALLYのVo,Gとしてデビュー。 近年はアコースティックでのソロをメインに、内海利勝(ex.キャロル)、長洲辰三ほか、セッション、ユニットでのライヴも多い。 2014年アルバム「Pure Glass」、2016年「impress」(いずれもAirplane Labelより発売中)を制作。 2018年6月、シングル「Just wait and see」(JASRACの東日本大震災支援・こころ音プロジェクト参加作品)を通常ver、ハイレゾverで配信開始。2019年5月、「Little wing」Jimi Hendrix Coverを同じく2ver.で配信開始。2020年5月アルバム「impress」の配信開始。8月加藤喜一、内海利勝(ex.キャロル)、長洲辰三(ex.宇崎竜童/原田芳雄サッキングルージュなど)、山崎真也、川口伸王からなるRESPECT 2 BLUES MEN名義で7月に行われたライブからライブ盤ダブルアルバムを配信。 2021年5月、ロッド・スチュアートほか数々のカバーで知られるGoffin-Goldbergの1973年の名曲「It's not the spotlight」を新たな日本語詞でカバー。コロナ禍でのレコーディングから1年を経てリリース。

加藤喜一の他リリースはこちら(アーティストページ)