PERSIA、「High Way Skrrr」を配信開始

2021.5.26

PERSIAが「High Way Skrrr」を配信開始

PERSIAの「High Way Skrrr」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「High Way Skrrr」となっている。

1st Album 現代芸術Ⅰから第二弾先行配信開始

なお「High Way Skrrr」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

High Way Skrrr
  • 1: High Way Skrrr

    PERSIA

配信開始日:2021-05-26

プラズマ企画

ジャンル: ヒップホップ/ラップ / レゲエ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, CLUB ZION, DE-LUXE, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, NetEase, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, REGGAE ZION, SMART USEN, Spotify, Tencent, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

PERSIA

PERSIA

1987年生まれ、愛知県尾張旭出身。

次世代MIXTURE REGGAEの第一人者であり、変幻自在の技巧派〝SING JAY〟STYLEで独特の空気感を解き放つアーティスト。

更に自身でアパレルブランドを立ち上げ、映像プロデュースやビート制作まで行うクリエイターの一面もあり、 アーティストプロデュースまでも幅広く手掛けている。

2016年にDigitalNinja RecordsからReleaseした0th Album〝CHILL CLASSIC〟は各CD SHOP店舗で売り切れが続出した程、人気ともに注目度が抜群に高く今でもリスナーを魅了し続けている。

2017年には盟友〝SHADY〟とのMIXTURE REGGAE UNIT “MAHILLMA”(マヒルマ)を始動させ全国で話題を呼んでいる。

同年2017年には自身でアーティストを中心としたクリエイティブ集団“プラズマ企画”を立ち上げ 所属アーティストの活躍はもちろん、アパレルブランドや映像プロデュースまで展開し、全国各地で話題を呼び 瞬く間にその名は広まり、様々な形で強烈なImpactをシーンに与え続けている。

2018.3/28には“RAM HEAD”を客演に迎えた〝YAH〟を配信し、iTune Reggaeチャート1位を獲得。 2018.4/20には、自身初となるソロでのDigital Single配信曲“ROLL UP”はiTunesReggaeチャート1位を獲得。 iTunes総合チャートでも27位を獲得。
翌週にはYouTubeにて映像界の天才“Spiky John”を監督に起用した“ROLL UP”のMVを投下しその人気は留まるところを知らず、現在170万回再生を突破。

そして今年2021.6/2には、各界の音楽関係者はもちろん、ファン待望の1st Album “現代芸術I“のリリースが決定。 どのジャンルも固定概念にも縛られないクリエイティブ且つ完璧主義の音楽スキルで、 全国の最前線で活躍するアーティストからコアな音楽ファンにまで支持され続ける “PERSIA“の唯一無二の生き様を映した現代芸術を代表する作品となっている。

feat.には日本の音楽シーンのトップを走り続ける 変態紳士クラブ/VIGORMAN/ジャパニーズマゲニーズ/Jin Doggといった、 彼にしか集められない豪華なアーティストが参加している。

2021.4.20には収録楽曲"Cali Weed&Hennessy feat. ジャパニーズマゲニーズ”から MVが公開され、翌日には楽曲も配信スタート。 当楽曲はPERSIA本人がトラックから映像までプロデュースした、 オリジナリティ溢れる彼にしか表現できない、どこか懐かしくて新しい作品となっている。

今後2021年は、楽曲リリースはもちろん、単独ツアーや主催フェスも控えており PERSIAを中心に“PLAZMA HOMIES“が日本の音楽シーンの中心になっていくのは間違いない。

PERSIAの他リリースはこちら(アーティストページ)