Folks Cinematic Jazz Ensemble、「6 Colors」を配信開始

2021.6.2

Folks Cinematic Jazz Ensembleが「6 Colors」を配信開始

Folks Cinematic Jazz Ensembleの「6 Colors」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Reflections」「Rambling」「Sinking Flowers」「Echolocation」「Funkers」「Inner Leap」となっている。

Folks Cinematic Jazz Ensemble、新たな物語の全貌が明らかに。架空のロードムービーをコンセプトに、6人の演奏家とフォトグラファーで映像的な音楽を追求するジャズコレクティブ ”Folks Cinematic Jazz Ensemble”。今回の旅は”6 Colors”と題して、6人の演奏家それぞれが、1曲ずつ提供した意欲作。各個性が触発しあいひとつの旅(ストーリー)を作っていく。ヒップホップ、ジャズ、チルアウト、ビートミュージックを軸に、本格的な演奏力と世界水準のクオリティーとセンスで注目を浴びている。先行シングルは、すでにアップルミュージック”ジャズ”トップソング1位、世界各国でチャートインしている。アートワークはすべて現在ロンドンで注目の写真家”ネモ・ロバーツ”による、現実と虚構の交錯する独特の手法で新たな旅路を演出していく。 Folks Cinematic Jazz Ensemble Guitar: 松下昇平 (M-Swift) Piano: 堀秀彰 Drums: 服部正嗣 Bass: 中林薫平 Trumpet: 佐瀬悠輔 Bariton and Tenor Sax: 小笠原 涼 Photographer: ネモ・ロバーツ

なお「6 Colors」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

6 Colors
  • 1: Reflections

    Folks Cinematic Jazz Ensemble

  • 2: Rambling

    Folks Cinematic Jazz Ensemble

  • 3: Sinking Flowers

    Folks Cinematic Jazz Ensemble

  • 4: Echolocation

    Folks Cinematic Jazz Ensemble

  • 5: Funkers

    Folks Cinematic Jazz Ensemble

  • 6: Inner Leap

    Folks Cinematic Jazz Ensemble

配信開始日:2021-06-02

Cinematic Jazz Records

ジャンル: インストゥメンタル / ジャズ / ワールド

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク ハイレゾ版, dミュージック月額コース, e-onkyo music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, mora ハイレゾ版, Music Store powered by レコチョク, Music Store powered by レコチョク ハイレゾ, music.jp STORE, music.jp STORE ハイレゾ版, mysound, NetEase, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, OTOTOY ハイレゾ版, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, Tencent, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ひかりTVミュージックアラカルトサービス ハイレゾ, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, レコチョク ハイレゾ版, 着信★うた♪by KONAMI

Folks Cinematic Jazz Ensemble

Folks Cinematic Jazz Ensemble

架空の映画のサウンドトラックをコンセプトに、映像的な音楽を追求するジャズセクステット。M-Swiftとして、イタリアIRMA RecordsやイギリスFree Style Recordsをはじめ、ヨーロッパや日本のメジャーレーベルから数々の作品をリリースする松下昇平を中心に結成。ピアニスト堀秀彰、東京のジャズシーンの新星トランペッター Yusuke Saseら7人が参加。ジャズをルーツに、レゲエ、ロック、チルアウトなど多様な音楽を飲みこむ新たなスタイルを追求している。架空のロードムービーのサウンドトラックとして紡がれたファーストアルバム『A Journey』を2019年9月にリリースする。本作品では、現在ロンドンで注目の写真家”ネモ・ロバーツ”とのコラボレーションが実現。曲それぞれのアートワークがネモの写真作品と連動。音楽意外の表現手法とも積極的にコラボレーションを進めている。

Folks Cinematic Jazz Ensemble:
Guitar: 松下昇平 (M-Swift)
Piano: 堀秀彰
Drums: 服部正嗣
Bass: 中林薫平
Trumpet: 佐瀬悠輔
Bariton and Tenor Sax: 小笠原 涼
Photographer: ネモ・ロバーツ

Folks Cinematic Jazz Ensembleの他リリースはこちら(アーティストページ)