UNI-Qreatives、「UNI-Qreatives」を配信開始

2021.6.5

UNI-Qreativesが「UNI-Qreatives」を配信開始

UNI-Qreativesの「UNI-Qreatives」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Hurt To Love (feat. issei & Yui Mugino)」「Make Love (feat. Rashel)」「Pretty Little Sheep (feat. Zinee)」「What About Me? (feat. Saarah)」「good bye bad times (feat. iseei)」「Lies (feat. Yui Mugino)」「Real Love (feat. 笠原瑠斗)」「Can you feel my heart? (feat. HWARYEON)」「that's your girlfriend (feat. MOL)」「ugh!!! (feat. FLEUR)」を含む全14曲となっている。

日本のメジャー、インディーズシーンにおいて数々のサウンドプロデュース実績を残す日本発のプロクリエイター集団、UNI-Qreatives(ユニ・クリエイティヴズ)通称UNI-Q(ユニーク)の第1弾となるフルアルバム「UNI-Qreatives」。 2020年春より開始した様々なアーティストとのコライトによって生み出されるUNI-Q発のセッション企画には、名だたるトップクリエイターや次世代を担うニューカマーアーティスト達がフィーチャリングゲストとして名を連ねており、企画開始より約一年でサブスクリプションにおける総再生数は50万回を突破。 海外9ヶ国のSpotify公式プレイリストに選出されるなど異例の速度で知名度を上げており、今や日本のリスナーのみならず世界のリスナーから注目を浴びるクリエイティヴクルーへと成長を遂げている。 1stアルバム「UNI-Qreatives」には 2020年4月~2021年4月までのセッション企画によってリリースされた9作品に加え、過去作に参加したアーティスト達によるクロスオーヴァー作品やグループ内からソロでの参加作品などを含む新曲5曲が追加された、計14曲が集結。 参加メンバーには、 香港人の父と日本人の母を持ち、8歳でアメリカに移住、中高生時代を香港の国際学校で過ごしたバイリンガルで、数多くの次世代アーティストの楽曲制作を手掛け今最も注目される女性クリエイターの一人であり、シンガーソングライター/作詞作曲家/ボーカルプロデューサー/訳詞家として多彩に活躍する新進気鋭の女性音楽クリエイター Yui Mugino(麦野優衣)。 日本 × ポルトガルのMixとして生まれた絶対音感の持ち主で、歌い手だけでなく作詞作曲/トラックメイク/ディレクションまでこなすマルチプレイヤー issei(イッセイ)。映画劇中歌にボーカル参加や、数々のフィーチャリング参加楽曲、オリジナル楽曲発表により注目を浴びており、近年のJ-R&Bシーンにおいて若手最有力の天才男性シンガーと目されている。 世界のR&Bカルチャーに見劣りしない音楽を発信し、J-R&B業界から多大なる期待と注目が寄せられているナイジェリアと日本のDNAを持った23歳の女性R&Bシンガーソングライター Rashel(ラシェル)。 テーマは『Fantasy&Spicy』。オリジナリティー溢れるセンスは唯一無二。ジャンルレスなサウンド(世界)を表現し、アーティスト/シンガーソングライター/トラックメイカー/イラストレーターなど多方面で活躍するマルチタスクプレイヤー、Zinee(ジーニー)。 世界水準の圧倒的ライブパフォーマンスを誇る4人組ガールズグループ BananaLemon(バナナレモン) より、艶のあるヴォーカルとそれを表現するダンスをシンクロさせることを得意とし、ハッピーなオーラに包まれたエナジェティックでパワフルなパフォーマンスが見る人全員を魅了するエンターティナー Saarah(サラ)。 奏でる歌声・楽曲は正統派なR&Bの系譜。 言葉を紡いでリリカルに歌い上げる柔らかでソウルフルな歌声はオーディエンスに笑顔を運ぶ。R&B、Soul Music界で今最も注目のシンガーソングライターの一人、MOLのメンバーでもある 笠原瑠斗(かさはらりゅうと)。 韓国にルーツを持ち、多彩な表現力を持つ歌声は新たな次代を担うニューカマーアーティストたちの中でもひときわ異彩を放つ、J-R&B界に突如として現れた神戸発の女性シンガーソングライター HWARYEON(ファリョン)。 R&B, Soulという共通点で必然的に出会った世代の違う3人がそれぞれのキャリアと感性を持ち寄って作り上げる和製R&Bを持ち味とし、北海道を拠点に活躍するR&Bシンガーソングライター 笠原瑠斗、EIMAY、泉 亮の3人からなるユニット MOL(エムオーエル)。 ジャンルに囚われないその自由なスタイルや心の機微を映し出す繊細なリリック、エモーショナルな歌声に注目が集まる京都出身24歳のシンガー FLEUR(フルール)。 ラッパー/プロデューサーの他にも 作詞家/ディレクター/トラックメイカー/サウンドエンジニア そして時にはメロディメイカーの顔も持ち合わせるなど多岐に渡る才能を持った Yazzy Tanaka(ヤジー タナカ)。 類い稀なる歌のスキルと独自の音楽センス、見るものを虜にするパフォーマンスで今や北海道を代表するシンガーとなった EIMAY(エイメイ)。 それぞれが屈指のスキルを持つ4人組音楽グループ "DUAL MASK(デュアルマスク)”のリードボーカルであり、"UNI-Qreatives"のメンバーとしてソングライティングもこなすシンガー T-CHU(ティーチュー)。 様々な個性が入り混じった総勢12組の錚々たる実力派シンガー/クリエイター/ラッパー達がアルバムを華やかに彩った。 日本だけでなく世界を見据えて音楽界に一石を投じるクリエイタークルーUNI-Qreativesは、この1stアルバムを皮切りに更なる躍進を遂げる。

なお「UNI-Qreatives」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

UNI-Qreatives
  • 1: Hurt To Love (feat. issei & Yui Mugino)

    UNI-Qreatives

  • 2: Make Love (feat. Rashel)

    UNI-Qreatives

  • 3: Pretty Little Sheep (feat. Zinee)

    UNI-Qreatives

  • 4: What About Me? (feat. Saarah)

    UNI-Qreatives

  • 5: good bye bad times (feat. iseei)

    UNI-Qreatives

  • 6: Lies (feat. Yui Mugino)

    UNI-Qreatives

  • 7: Real Love (feat. 笠原瑠斗)

    UNI-Qreatives

  • 8: Can you feel my heart? (feat. HWARYEON)

    UNI-Qreatives

  • 9: that's your girlfriend (feat. MOL)

    UNI-Qreatives

  • 10: ugh!!! (feat. FLEUR)

    UNI-Qreatives

  • 11: It's My World (feat. HWARYEON & Yazzy Tanaka)

    UNI-Qreatives

  • 12: Ruff (feat. Yazzy Tanaka)

    UNI-Qreatives

  • 13: don't you worry 'bout a thing (feat. EIMAY)

    UNI-Qreatives

  • 14: Honestly (feat. T-CHU)

    UNI-Qreatives

配信開始日:2021-06-05

UNI-Qreatives

ジャンル: R&B/Soul / エレクトロニック / ヒップホップ/ラップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, Apple Music, AWA, Deezer, iTunes, KKBOX, LINE MUSIC, music.jp STORE, Prime Music, Rakuten Music, Spotify, YouTube Music

UNI-Qreatives

UNI-Qreatives

日本のメジャー、インディーズシーンにおいて数々のサウンドプロデュース実績を残す日本発のプロクリエイター集団、UNI-Qreatives(ユニ・クリエイティヴズ)通称UNI-Q(ユニーク)。

2019年現メンバーとなり、その名が体を表すように独自の世界観を持ったユニークな才能達が集結し、シーンに一石を投じ始める。

2020年春より開始した様々なアーティストとのコライトによって生み出されるUNI-Q発のセッション企画には、名だたるトップクリエイターや次世代を担うニューカマーアーティスト達がフィーチャリングゲストとして名を連ねている。

UNI-Qreativesの他リリースはこちら(アーティストページ)