moA、「fragile」を配信開始

2021.6.29

moAが「fragile」を配信開始

moAの「fragile」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「fragile」となっている。

2017年に活動休止した、VJをメンバーに有するポストロック・シューゲイザーバンド、「シキサイパズル」。 そのギタリスト/コンポーザーとして、バンドの中枢を担っていたShuntaro Tsukuiによる、新たな音楽表現アウトプットが「moA」である。 シキサイパズルの活動休止から4年の沈黙を破り、今作「fragile」の発表を以って、ソロプロジェクトとして始動する。 今作「fragile」は、疾走感溢れるテンポで5拍子を基調とし、Tsukui自身の織りなす重厚なギターのレイヤープレイが冴え渡る楽曲である。 各楽器共にポストロック的なトリッキーなアプローチをしながらも、メロディラインは非常にキャッチーであり、ゲストVocalとして起用した渚(aoie us fear)による力強くも繊細な歌唱表現も相まって、自然と耳に残る仕様になっているのもポイント。 この計算されたアンサンブルによって、5拍子であっても違和感無く「Jポップ」と称することのできる楽曲として、心地好い音像へと昇華させている。 また、作詞は西塚ちえ(ex.Egw Eimi)が担当。 様々な情報が溢れ、善悪の基準すら揺らぎ、失われつつある「自分による内側の世界」と、「他人による外側の世界」との狭間を彷徨う様が描かれている。 情報社会における自己を見つめ直し、その上で「どう生きていくのか」という問いが歌詞の中には込められており、力強い演奏と共に、リスナーの心を揺さぶる。 シリアスな歌詞表現ながらも、「どこで間違ったの?」「されど街は変わりゆく」といった、聴いた時にはじめて気付く言葉の音遊びも仕掛けられており、Tsukuiによる幾何学的な音像のレイヤー表現と相まって、非常に音楽的な作品として成立している。 ポストロック/エレクトロニカ/シューゲイザーという、シキサイパズルで表現していた根幹を引き継ぎ、ソロになったことにより、さらに純度の高いTsukui自身のギタープレイを散りばめ、新機軸のポップス、オルタナティブ・Jポップを「moA」の名のもとに、鳴らしていく。

なお「fragile」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

fragile
  • 1: fragile

    moA

配信開始日:2021-06-29

moA

ジャンル: アニメ/ゲーム / オルタナティブ / ロック

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, NetEase, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, Tencent, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

moA

moA

2017年に活動休止した、VJをメンバーに有するポストロック・シューゲイザーバンド「シキサイパズル」のギタリスト/コンポーザーのShuntaro Tsukuiの新たなる音楽表現アウトプット、moA。 ポストロック / エレクトロニカ / シューゲイザーを基軸に独自のフィルターを通し新機軸のポップスを発信する。

moAの他リリースはこちら(アーティストページ)