FUSS & TAKA THE JET、「collusion」を配信開始

2021.7.2

FUSS & TAKA THE JETが「collusion」を配信開始

FUSS & TAKA THE JETの「collusion」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Coast to Coast」「mic test」「international call skit」「Only Buddha Can Judge Me」「till I die」「final chapter」となっている。

2021年4月~5月にかけて、2枚のsingle『Coast to Coast』『till I die』を立て続けにreleaseし勢いを増すレーベル「SOME WORK」(宮崎県日南市)から、今回もFUSS(Miyazaki) x TAKA THE JET(LA)のタッグによる共謀作ep『collusion』が到着!! beatは、福井県大野市出身「S.M.B」、FUSSのソロ作でお馴染み「nameless」、レーベルメイトの「Code@64」が参加。 住んでいる場所、環境、置かれた状況は違えど、Hip Hopの名の下に巡り合った似た者同士達の情熱とリアルがここに! Lyrics : FUSS (MIYAZAKI,JP,SOME WORK) TAKA THE JET (LA,US,DBEJPN) Beats : S.M.B (FUKUI,JP,CRUNKY RECORDS) Code@64 (MIYAZAKI,JP,SOME WORK) nameless (JP,SOME WORK)

なお「collusion」は、Spotify、Apple Music、iTunes Store、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。
各配信サービス:collusion

collusion
  • 1: Coast to Coast

    FUSS & TAKA THE JET

  • 2: mic test

    FUSS & TAKA THE JET

  • 3: international call skit

    FUSS & TAKA THE JET

  • 4: Only Buddha Can Judge Me

    FUSS & TAKA THE JET

  • 5: till I die

    FUSS & TAKA THE JET

  • 6: final chapter

    FUSS & TAKA THE JET

配信開始日:2021-07-02

SOME WORK

ジャンル: ヒップホップ/ラップ / レゲエ / ワールド

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, auスマートパスプレミアムミュージック, AWA, CLUB ZION, DE-LUXE, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, iTunes Store, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, NetEase, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, REGGAE ZION, SMART USEN, Spotify, Tencent, YouTube Music, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

FUSS & TAKA THE JET

FUSS & TAKA THE JET

宮崎県日南市に活動拠点を置くレーベル 「SOME WORK」所属のラッパー 『FUSS』(ファス)。 10代後半に聞いた90sHip Hopに衝撃を受け、自身もリリックを書き始め、地元の仲間と主催するイベントでラッパーとしてマイクを握るようになる。 高校卒業後、神奈川の大学に進学し、そこで出会った同級生や東京の専門学校に行った地元の友達と活動を続けるが、都会のアーティストのレベルの高さと大学卒業を機に、一度は活動を断念。 その後、単身シンガポール、中国への留学を経て日本に帰国後、横浜で就職が決まっていたが、リーマンショックの影響で初出社3日前に内定取り消しとなり、バイト暮らしを余儀なくされる。 約2年のバイト暮らし後、生活の困窮と一人っ子という理由から宮崎に帰郷。 父親の紹介で、宮崎市内にて水産関係の仕事に就職し、約8年間のサラリーマン生活を送るが、人事異動に伴う居住地の件で、職場との折り合いがつかず退職。 それを機に、自営業として会社を立ち上げる傍ら、当時の夢であった「自分の曲をリリースしてお金を稼ぎたい」という思いが強くなる。 そんな矢先、息子を連れて行った歯医者で耳にしたラジオに、高校・大学と音楽活動を共にしていた友達がDJとして偶然出演していて、そのインタビューで、自身との音楽活動について語っていたのを聞き、もう一度音楽活動を再開しようと決心する。 再開当時は、ヒップホップではなくレゲエの影響が強かった為、ラッパーではなくレゲエディージェイとして、地元日南市南郷町の方言である南郷弁を使用し、楽曲を作成しリリースを重ねる。珍しさも相まって、活動再開直後から地元新聞、ネット新聞、ケーブルTV、地上波ローカルNEWS、ローカル音楽番組等各メディアに出演し、順調に活動を進める。 しかし、現在も続くコロナの影響により、メディア出演、ライブ等全てキャンセルとなってしまう。 外出が出来ない状況の中、久しぶりに過去に一緒に曲を制作しようとしていた東京の友達とLINEでやり取りしてると、まだビートを作っていることを知り、10数曲のビートを送ってもらう。それを聴いてる最中に横浜に住んでた当時を思い出し、急にラップがしたくなりそのまま一曲書き上げ、ラッパーFUSSとして『TEN YEARS』をリリース。 元々ラッパーとしてマイクを持ち始めたことから、ラッパーとしても作品を残したいと思い、レゲエディージェイ『Kazu.』とラッパー『FUSS』の二本のマイクを持つ二刀流スタイルで現在も活動している。

FUSS & TAKA THE JETの他のリリース:FUSS & TAKA THE JET