GeG、「LIFE IS GOOD (feat. VIGORMAN, Hiplin, SNEEEZE & Rin音)」を配信開始

2021.7.9

GeGが「LIFE IS GOOD (feat. VIGORMAN, Hiplin, SNEEEZE & Rin音)」を配信開始

GeGの「LIFE IS GOOD (feat. VIGORMAN, Hiplin, SNEEEZE & Rin音)」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「LIFE IS GOOD (feat. VIGORMAN, Hiplin, SNEEEZE & Rin音)」となっている。

GeG(変態紳士クラブ)から全ての音楽ファンに贈る、オモチャ箱をひっくり返した様な自由気ままな極上マイクリレーソングの完成。フィーチャリングにVIGORMAN、Hiplin、SNEEEZE、Rin音といった次世代音楽シーンを牽引する人気シンガー&ラッパーを迎えた豪華絢爛な作品!! “一期一会、人生一回きり、悩んでばかりいないでたまには息を抜いて” など一人の人間として生きる人生の意味を改めて考えさせるシリアスなメッセージがリスナーにエネルギーを与える。軽やかなスウィング・ビートに乗せたスティール・ギターとピアノのアンサンブルが心地よく、そんなサウンドにラップとメロディーが見事に共存するGeGサウンドの決定版ともいえるべき極上マイクリレーソングの完成。

なお「LIFE IS GOOD (feat. VIGORMAN, Hiplin, SNEEEZE & Rin音)」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

LIFE IS GOOD (feat. VIGORMAN, Hiplin, SNEEEZE & Rin音)
  • 1: LIFE IS GOOD (feat. VIGORMAN, Hiplin, SNEEEZE & Rin音)

    GeG

配信開始日:2021-07-09

Goosebumps Music

ジャンル: J-Pop / R&B/Soul / ヒップホップ/ラップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, CLUB ZION, DE-LUXE, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, NetEase, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, REGGAE ZION, SMART USEN, Spotify, Tencent, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

GeG

GeG

GeGプロフィール

関⻄出身の音楽プロデューサー / トラックメイカー。

中学卒業後、キーボードを始め音楽の世界へ足を踏み込む。岩井ロングセラー師の元で2年間の修行を積み、 そこからは空遥 / odd shop / ANADDA REBEL/YARD VIBESなど数々のバンドマン時代を経て、25 歳のLA&JAMAICAへの旅をキッカケに音楽プロ デューサーを志すことになる。

プロデューサー・タグとも言える『GeG is Mellow』というワードのとおり、メローな楽曲を得意とし、強力なミュージシャンネットワークを 武器に変態紳士クラブの一員としても活動中。そんなGeGだが2017年オール・プロデュース作、第一弾となる変態紳士クラブ「ZIP ROCK STAR」をリリース。 彼らの代表曲となった「すきにやる」のヒットをきっかけに現在も進行中のロング・セラーとなり、総ストリーミング数は3,000万回再生を超えるスマッシュ・ヒットを記録。

そして2019年には、オール・プロデュース作、第2弾となる"GeGが愛すべき仲間達と奏でたメロウな楽曲のみをコンパイルした"プレイリスト・アルバム"「Mellow Mellow~GeGʼs PLAYLIST~」をリリース。アルバムとしてはApple Music ヒップホップチャート1位、同サイトの総合チャートでも2位を獲得。 収録曲の「Merry Go Round」は総ストーリミング数1,500万再生を超えるなど、令和元年を代表する一曲となる。

そして、2020年3月にはGeG名義としての 第2弾シングルとなる「I Gotta Go」をリリース。令和時代の春を彩る定番曲となるであろうその楽曲は、TikTokでの動画投稿数が28,000件を超えるなど、さらに広いファン層を獲得に成功。

同年4月には、オール・プロデュース作、第3弾となる変態紳士クラブの2nd EP「HERO」をリリース。iTunes StoreではJ-Popチャートで第1位、総合チャートで2位を記録。中でも収録曲の”YOKAZE"は現時点で総ストリーミング数2,000万回を超えるヒット曲となっている。

また、ライブの現場でも、バンドマン時代のスキルを活かして、変態紳士クラブでは平成から時代が変わる3日間に東名阪のクアトロで開催された『"変態紳士舞踏会TOUR 2019“東名阪クアトロツアー”』や、令和2年2月2日に行われた"変態紳士舞踏会-2222-などをトータル・プロデュース。ソロ名義での開催となったGeG"Mellow Mellow~GeG'sPLAYLIST~" リリースSP”メロメロライブ~GeG's Live Set~”など、関わったイベント全てがSOLD OUTとなる大成功を収めている。

GeGの他リリースはこちら(アーティストページ)