サイド・エフェクト、「The Side Effects 4」を配信開始

2021.8.1

サイド・エフェクトが「The Side Effects 4」を配信開始

サイド・エフェクトの「The Side Effects 4」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Go to Travel」「ブラック・バネット」「2020 Seven Eighth」「ハンミョウ」「フォーマルハウト」「Asakano」「Jamie's Journey」「オリンピック、パンデミック」「Gossip Session」「自由からの逃走」を含む全11曲となっている。

2017年より熊本を中心に活動するオリジナルポップロックバンド、サイド・エフェクトの4枚目アルバム。今回も全作オリジナルです。コロナ禍で演奏活動が制限される中、主に自宅レコーディングで11曲を仕上げました。歴史上極めて特異と言えるこの時代の空気感を様々なタイプの楽曲に込めました。ステイホームや東京オリンピック、Go to Travelといったキーワードを駆使し、未来へ向けたタイムカプセルのようなコンセプトアルバムです。また、人生を共にしてきた様々なロック音楽のテイストを随所に散りばめました。 作詞作曲編曲録音ボーカルギター:粟津貴昭、ドラムス:粟津美智子、ベース:浦川雅史、ピアノ:渡久山ヒロシの4人が時には楽器を持ち替え、全員でコーラスして楽しく録音しました。

なお「The Side Effects 4」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

The Side Effects 4
  • 1: Go to Travel

    サイド・エフェクト

  • 2: ブラック・バネット

    サイド・エフェクト

  • 3: 2020 Seven Eighth

    サイド・エフェクト

  • 4: ハンミョウ

    サイド・エフェクト

  • 5: フォーマルハウト

    サイド・エフェクト

  • 6: Asakano

    サイド・エフェクト

  • 7: Jamie's Journey

    サイド・エフェクト

  • 8: オリンピック、パンデミック

    サイド・エフェクト

  • 9: Gossip Session

    サイド・エフェクト

  • 10: 自由からの逃走

    サイド・エフェクト

  • 11: Witness of War

    サイド・エフェクト

配信開始日:2021-08-01

Bluesmantaka

ジャンル: J-Pop / ポップ / ロック

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, NetEase, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, SMART USEN, Spotify, Tencent, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

サイド・エフェクト

サイド・エフェクト

サイドエフェクトは2017年9月に結成された熊本の4人組バンド。 ​メンバーそれぞれの感性で創るオリジナル・ポップ・ロックを演奏します。高度な演奏テクニックや迫力の音圧、派手なパフォーマンスなどからはちょっと距離を置いた独自の音楽的魅力を発信できたら、と考えてます。 "Side Effect"とは"副作用"の意味です。心地よいハーモニーに隠されたヤバイ中毒性を有する音楽を目指して名付けました。世界各地を旅して刺激された感性や時々の社会問題に対してアイロニカルな楽曲を続々と作っています。 2019年2月にオリジナルアルバム2枚を同時発売。2020年6月にはサードアルバムを発売しました。最新曲「Bye-bye COVID-19」は新型コロナ自粛期間中のどうしようもない感じを表現し、地元メディアを始め多くのFM曲などでも取り上げられています。この曲をきっかけとして熊本のライブハウス支援企画Play For Kumamoto 2020が生まれました。 作詞作曲演奏はもちろんですが、レコーディング、ミックス、マスタリング、ジャケット作成などもすべて自分たちでやっています。

サイド・エフェクトの他リリースはこちら(アーティストページ)