CO-KEY、「アガッテキナ! / ONE LOVE 2.0」を配信開始

2021.9.8

CO-KEYが「アガッテキナ! / ONE LOVE 2.0」を配信開始

CO-KEYの「アガッテキナ! / ONE LOVE 2.0」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「アガッテキナ!」「ONE LOVE 2.0 (feat. HI-D)」「~skit~」「ALL I NEED (not just remix)」「DEKE-DON (feat. YOSHI)」「アガッテキナ! (Instrumental)」「ONE LOVE 2.0 (Instrumental)」となっている。

なお「アガッテキナ! / ONE LOVE 2.0」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

アガッテキナ! / ONE LOVE 2.0
  • 1: アガッテキナ!

    CO-KEY

  • 2: ONE LOVE 2.0 (feat. HI-D)

    CO-KEY

  • 3: ~skit~

    CO-KEY

  • 4: ALL I NEED (not just remix)

    CO-KEY

  • 5: DEKE-DON (feat. YOSHI)

    CO-KEY

  • 6: アガッテキナ! (Instrumental)

    CO-KEY

  • 7: ONE LOVE 2.0 (Instrumental)

    CO-KEY

配信開始日:2021-09-08

JCC TOKYO / GOLD RUSH RECORDS

ジャンル: インストゥメンタル / ヒップホップ/ラップ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, CLUB ZION, DE-LUXE, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, dミュージック月額コース, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, NetEase, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, REGGAE ZION, SMART USEN, Spotify, Tencent, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

CO-KEY

CO-KEY

徳島県出身。ヒップホップアーティスト/プロデューサー。98年、DJ HASEBE・SUGAR SOUL等を迎えた『三面鏡』でソロデビュー。専門誌の最優秀新人賞を獲得。翌99年、日本を代表するプロデューサー・今井了介をラッパーとして初めて起用した作品『BACK 2 DA FUTURE』もスマッシュヒット。その後、ZEEBRA・Kj(Dragon Ash)・KEYCO・嶋野百恵・UZUMAKI等、様々なジャンルのアーティスト作品に客演・プロデュース。そして05年には自身のレーベルGOLD RUSH RECORDSを立ち上げアルバム『C2K』をリリース。リード曲『阿波バウンス!』が地元徳島で爆発的ヒットを記録し、映画『阿波DANCE』(主演:栄倉奈々/勝地涼)のテーマ曲も手掛ける。続く、シングル『ALL I NEED』&『アガッテキナ』もオリコンインディーズチャート2位を記録する一方、大ヒット映画「クローズZERO」、「秘密のケンミンSHOW」等に出演するなど役者・タレントとしても活動の場を広げる中、2010年にはコラボユニット「mc²」(エムシースクエアード)を結成。人気シンガーのAI、JAY'ED、Heartbeat、宏実などとコラボしたアルバム『ENERGY』をSONYより発表。続く日本テキーラ協会公認ソング「今夜はパーリラッ!」を含め、コラボ楽曲は多数の配信ヒットを飛ばし、これまでCD・配信で100万を記録。近年は、故郷・徳島にてWEB&フリーマガジン「フクポン.com」の発行人、日本ホームパーティー協会アンバサダーを務める一方、ヒップホップアーティスト・LUNA、ID、裂固、T-STONEなどのマネジメントする音楽プロダクション(株)JCC東京の代表として、後進の育成に努めている。

CO-KEYの他リリースはこちら(アーティストページ)