Dが「The name of the ROSE」を配信開始

2019.6.25

Dが「The name of the ROSE」を配信開始

Dの「The name of the ROSE」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Day Dream」「GOD’S CHILD」「闇より暗い慟哭のアカペラと薔薇より赤い情熱のアリア」「Art de la piste」「狂人舞踏譜」「Hourglass」「Ever after」「悪夢喰らい」「黒い花園」「Sleeper」を含む全13曲となっている。

Dの1st Full Album

なお「The name of the ROSE」は、iTunes、Spotify、Google Play Music、Apple Music、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。各配信サービスへはこちら(LinkCore)

The name of the ROSE
  • 1: Day Dream

    D

  • 2: GOD’S CHILD

    D

  • 3: 闇より暗い慟哭のアカペラと薔薇より赤い情熱のアリア

    D

  • 4: Art de la piste

    D

  • 5: 狂人舞踏譜

    D

  • 6: Hourglass

    D

  • 7: Ever after

    D

  • 8: 悪夢喰らい

    D

  • 9: 黒い花園

    D

  • 10: Sleeper

    D

  • 11: 白い夜

    D

  • 12: 月夜の恋歌

    D

  • 13: 繭月の棺

    D

配信開始日:2019-06-25

GOD CHILD RECORDS

ジャンル: J-Pop / ビジュアル / ロック

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク 通常版, dミュージック月額コース, Google Play Music, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora 通常版, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, replay, SMART USEN, Spotify, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク Best, レコチョク 通常版, 着信★うた♪by KONAMI

D

D

2003年4月、ASAGIとRuizaを中心にバンドを結成。2005年に現メンバーとなる。 メンバーはASAGI (Vo)、Ruiza(G) 、HIDE-ZOU(G) 、Tsunehito(B) 、HIROKI(Dr)。 自社、有限会社GOD CHILD RECORDSを立ち上げ、精力的に活動。動員やセールスを増やし一気に注目を集める。 アルバム「The name of the ROSE」や「Tafel Anatomie」など、世界観を重視した、ドラマ性を持った作品を次々に発表。 リリースされるCDが軒並みオリコンインディーズチャート1位を獲得。総合チャートでも上位を記録し、2006年末には渋谷C.C.Lemonホールをソールドアウト。2007年2007年7月・8月と和と洋をコンセプトにシングルを連続リリースし、ともにオリコンチャートの上位を記録。 2007年秋、Smile Companyとマネジメント契約。 全国ツアー「Neo culture」(ツアーファイナル:日比谷野外大音楽堂)を大盛況のうちに終了し、同年11月には約1年ぶりのアルバム「Neo culture ~Beyond the world~」をリリース。オリコンインディーズチャート2位、総合チャート31位を記録。リリースを記念して全国ツアーを行う。 ツアーファイナルZepp TOKYO公演にてメジャーデビュー発表。 2008年4月~5月に行われたラストインディーズツアー(全国22公演)も軒並みソールドアウト。 5月7日シングル「BIRTH」でavex traxよりメジャーデビュー。 オリコン週間シングルチャート(5月17日付)にて初登場8位を獲得。その後も「闇の国のアリス/波紋」などリリースする作品がゲームや映画、TV番組などのタイアップとなり、軒並みオリコンチャートTOP10入りを獲得する。(「Snow White」では自身最高位となる6位を記録)メジャー1stアルバム「Genetic World」を発売。(オリコン週間アルバムチャート初登場11位) 2010年3月10日リリースのシングル「風がめくる頁」が初のドラマタイアップに抜擢された。 バンドとして結成7周年を大きなターニングポイントとし、3月24日にはメジャーでは2枚目となるアルバム「7th Rose」をリリース。 その後2枚のシングルをリリースし、2011年1月にはヴァンパイアコンセプトを掲げたフルアルバム「VAMPIRE SAGA」をリリース。 海外盤も発売し、世界進出。初のEUツアー(7カ国10公演)を大盛況のうちに終える。また、アメリカでは全米第二位のイベント「A-KON」にメインアクトとして出演。世界にDの名を広める。 2011年7月から自社である有限会社GOD CHILD RECORDSに所属を戻し活動。 7月28日より、オフィシャル通販(国内外)、ライヴ会場限定でシングル「鳥籠御殿~L’Oiseau bleu~」をリリース、全国ツアーも開催。 ファイナルの赤坂BLITZではUSTREAMにて全世界配信を生中継。 2011年11月にはアルバム「皇帝(ファンディー)~闇に生まれた報い~」をリリース、その後は国内外のイベントに勢力的に参加、全国ツアー開催。その後2度目のEUツアー、そして初の南米ツアーを行い大成功を収める。 2012年、春によしもとクリエイティブ・エージェンシー「Y-YARD」と専属契約。2012年5月30日、シングル「Dying message」リリース。 続いて、2012年7月18日、シングル「断罪の銃士(ガンナー)」リリース。11月14日アルバム「名もなき森の夢語り」リリース。 2013年4月、10周年を迎え渋谷公会堂にてSpecial Premium Live 「Bon Voyage!」を行い、ビクターエンタテインメントとの再メジャー契約と、ヴァンパイアストーリーのソーシャルゲーム化を発表。 更には、異例の10Days LIVEを決行し自身の連続LIVEの記録を大幅に更新する。 そして結成10周年を記念し、各社からベストアルバムを発売。 GOD CHILD RECORDS/D 10th Anniversary GOD CHILD RECORDS Best Selection 「Treasure Box」(完全予約受注生産) 。 avex trax/「 Bloody Rose "Best Collection 2007-2011"」。 Victor Entertainment/「D Vampire Chronicle ~V-Best Selection~」。 ビクターからのメジャーシングル「Rosenstrauss」、「DARK WINGS」は今もセールスを伸ばし続け、注目されている。 2013年の締めくくりとなるTOKYO DOME CITY HALLワンマンにて、初の47都道府県ツアーを行う事を発表。 2014年、Y-YARDとの契約が満了となる。 2014年7月23日には最新シングル「月の杯」を、同年11月12日には約3年半ぶりとなる待望のFULL ALBUM『KINGDOM』をCJ Victor Entertainmentよりリリース。 47都道府県ツアーファイナルの舞浜アンフィシアター公演をソールドアウトし、大盛況のうちにツアーを終える。 Dの創り出す唯一無二の独特の世界観は、ティム・バートン監督にも愛されている。

Dの他リリースはこちら(アーティストページ)