Daisuke Kazaoka、「晩夏」を配信開始

2021.12.1

Daisuke Kazaokaが「晩夏」を配信開始

Daisuke Kazaokaの「晩夏」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「晩夏」となっている。

関東を拠点に活動するレゲエアーティストDaisuke Kazaoka。今回リリースする楽曲「晩夏」は夏の終わりの侘しい世界観を投影した歌詞に、センチメンタルな雰囲気の漂うレゲエのトラックが絡み合う一曲だ。 楽曲はDaisuke Kazaokaのセルフプロデュースとなっており、作詞・作曲・歌唱・編曲・全ての楽器の演奏を本人が手がけている。 ミックスは三鷹のライブハウス「おんがくのじかん」店主の菊池さとしが担当しレゲエマナーに添いながらもシンガーソングライター的なテイストも加えれられた仕上がりになっている。

なお「晩夏」は、iTunes、Apple Music、Spotify、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。
各配信サービス:晩夏

晩夏
  • 1: 晩夏

    Daisuke Kazaoka

配信開始日:2021-12-01

Grand Ave Records

ジャンル: J-Pop / フォーク / レゲエ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, CLUB ZION, DE-LUXE, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, NetEase, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, REGGAE ZION, SMART USEN, Spotify, Tencent, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

Daisuke Kazaoka

Daisuke Kazaoka

1994年、愛知県生まれ。アーティスト、コンポーザー。 弾き語りとLive Dubのパフォーマンスにて活動中。 作詞、作曲、編曲、トラックメイク、ギター・ベース等の楽器の演奏を自身で行う。 15歳頃から名古屋を中心に音楽活動を始め、高校卒業後ニューヨークの大学で音楽を学ぶ。 2017年にSHAKARAとGrand Ave Recordsを設立。 2018年に「Laid Back」、2020年に「一日の終わり」「ダンスフロア」を発表。 2021年には「星間飛行」、SHAKARAとのコラボ楽曲「Grand Avenue」、初のLive作品「Live 2021.05.08」を発表する他、 音楽プロデューサーのTAAR・ANIMAL HACKのMASAtOと音声SNS・Clubhouse上で日本で初めての共作楽曲、「Clubhouse (feat. CHICO CARLITO、青山みつ紀)」 にギタリストとして参加し、そのRemix作品「Cdubhouse(Daisuke Kazaoka reroom)」を発表する。 また、ライムスター・宇多丸氏がパーソナリティを務めるTSBラジオ・アフター6ジャンクション「ダブってなんだ特集」に出演し、 ライムスターの楽曲「予定は未定で。」のダブバージョンを披露するなど、活躍の幅を広げている。

Daisuke Kazaokaの他のリリース:Daisuke Kazaoka