Dissecting Table、「No Flying From Fate」を配信開始

2021.12.3

Dissecting Tableが「No Flying From Fate」を配信開始

Dissecting Tableの「No Flying From Fate」が配信開始された。今回、デジタル配信リリースされた楽曲は、「Scream In Despair」「Die A Thousand Deaths」「Mortal」「Unfortunate Sign」「Fatal Day」「Greatly Regrettable」となっている。

開発シンセサイザーシステムは、主に、コンピュータ、universal serial bus(USB)接続デバイス、ラインセレクタ、フィルタ及び、ミキサーで構成されます。USB接続デバイスは、5つのpulse width modulation (PWM)信号を出力します。PWM信号は、アナログフィルタとデジタルフィルタに入力して変調されます。コンピュータのシーケンサーは、自動計算で演奏データを作ることができます。更に、演奏データは、エディタを用いて変更することができます。演奏データは、各PWM信号の演奏方法を含んでおり、演奏方法は、各PWM信号で異なります。本作 “No Flying from Fate”の演奏データは、自動計算してエディタで変更しました。1曲目、2曲目及び、3曲目は曲がシンプルです。そして、4曲目、5曲目、6曲目と変わるに従い曲が複雑になり、6曲目は、最も複雑な曲になっています。1曲目、2曲目及び、3曲目は、2つのPWM信号を用いて同期演奏を行いました。同期演奏の場合、5つのPWM信号の各テンポは同じです。各テンポは、コンピュータで計算され様々に変化します。2つだけアナログフィルタを用いるため、シンプルな音色を繊細に作ることができました。4曲目は、5つのPWM信号を用いて同期演奏を行いました。同時に複数のPWM信号を演奏するため、重厚で複雑な音色を作ることができました。5曲目は、2つのPWM信号を用いて非同期演奏を行いました。非同期演奏の場合、5つのPWM信号の各テンポが異なるため複雑な演奏ができます。各テンポは、コンピュータで計算され様々に変化します。6曲目は、5つのPWM信号を用いて非同期演奏を行いました。この曲は、本作の中で最も複雑な音色になっています。例えば、ラインセレクタは、4つのPWM信号を入力して4種類のアナログフィルタに接続することができます。PWM信号とアナログフィルタの接続を変更することができるため、入力するPWM信号に応じて各アナログフィルタの音色は様々に変化します。

なお「No Flying From Fate」は、iTunes、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Musicなどの音楽配信サービスで聴くことができる。
各配信サービス:No Flying From Fate

No Flying From Fate
  • 1: Scream In Despair

    Dissecting Table

  • 2: Die A Thousand Deaths

    Dissecting Table

  • 3: Mortal

    Dissecting Table

  • 4: Unfortunate Sign

    Dissecting Table

  • 5: Fatal Day

    Dissecting Table

  • 6: Greatly Regrettable

    Dissecting Table

配信開始日:2021-12-03

UPD organization

ジャンル: インストゥメンタル / エレクトロニック / テクノ

配信ストア: Amazon Music, Amazon Music Unlimited, animelo mix, Apple Music, AWA, CLUB ZION, DE-LUXE, Deezer, dwango.jp, dヒッツ powered by レコチョク, dミュージック powered by レコチョク, iTunes, K-POP Life, KKBOX, LINE MUSIC, mora, Music Store powered by レコチョク, music.jp STORE, mysound, NetEase, oricon ME!, OTORAKU -音・楽-, OTOTOY, Prime Music, Rakuten Music, REGGAE ZION, SMART USEN, Spotify, Tencent, YouTube Music, うたパス, ひかりTVミュージック, ひかりTVミュージックアラカルトサービス, ビルボード公式(Billboard x dwango), レコチョク, レコチョク Best, 着信★うた♪by KONAMI

Dissecting Table

Dissecting Table

1966年生まれ。東京で1986年からDissecting Tableという名義でノイズインダストリアルミュージックの制作を開始して、1998年に、故郷の広島に戻り音楽活動している。主に自主レーベルUPD organizationとヨーロッパとアメリカのレーベルよりレコードやcd作品を発表してきた。初期、中期の作品は、シンセサイザー、サンプラーをシーケンサーで制御することで作品を制作していたが、2012年頃から、コンピュータでUSB接続デバイスから出力されるPWM信号を制御して音楽制作を行うようになる。現在は、独自のシンセサイザーシステムを開発しながら作品を制作している。

Dissecting Tableの他のリリース:Dissecting Table